7月10日に、第18回歴史に学ぶ朝会

『これで歴史に学ぶスピードUP!楽読でラクラク歴史本を読む秘訣!』

を開催いたしました。

ご出席いただいたみなさまより頂戴したご感想は、

どれも素敵なものばかりでした。

ぜひ、ご一読くださいませ。

———————————-

■今日はありがとうございました。
「朝」ということで、初めはどうなるか心配な部分はありましたが、
すっきりした朝を迎えることができたと思います。
いろいろできる事が出来ましたので、
また参加させていただきたいと思います。

 

■“楽読”という言葉は聞いたことがありましたが、
初めて体験し、脳が本当に活性化しているのを感じました。
今はまっている歴史書や英文をにも応用していきたいと思います。
毎月素晴らしいお話しをありがとうございます。

 

■本日はありがとうございました。
早く読む訓練をすることで、脳が目のスピードに追い付くように
理解を早めようと活性化するのを感じました。
朝から目が覚めて、元気に一日過ごせると思いました。
ありがとうございました。

 

■頭を働かせながら本を読むというのは新鮮で、
楽読体験は、とてもためになりました。
文字を見て、理解をすることのスピードをあげることで、
自分が真に手に取るべき本と出逢うことができ、
それを通して憧れの対象と出逢うことができる。
とても素晴らしいことだと感じました。
「本を読む」能力を見直し、自分のこれからに活かせるよう
楽読のトレーニングを続けていきたいと思います。
歴史本を読むことが難しく思われ、やや抵抗がありましたが、
これからは楽読で、読める本の幅を増やせればと思います。
本日は、ありがとうございました。

 

■楽読とは、「見る」と「わかる」を分けること。
確かに、文を見るだけであれば、相当早く「見れる」こと、実感できました。
(小生の場合、スピードが、倍以上になりました!)
今日の朝会は、学びとともに、実益まであり、朝からとっても有益でした。
今日も一日、ステキな一日になりそうです。
ありがとうございました!

———————————-