本日、1月16日に第24回歴史に学ぶ朝会

「吉田松陰の21世紀を生きる者への伝言~②松下村塾の教育~」

が開催されました!

 

2013年初の歴史に学ぶ朝会、

志の高い参加者のみなさまと、吉田松陰先生の『士規七則』を学び、

心をシャキッと調え、良い一日のスタートが切れました。

 

今回も朝会にご参加いただいたみなさまの

アンケートを集計いたしました。

みなさまの熱い感想、

ぜひ、ご一読くださいませ!

———————————-

【国難を乗り越える光を見ました】
失われた20年といますが、なにが失われたかと考えますと、世の中に役立つために働くという若者の夢が失われたのではないかと思います。すなわち、志です。
今、国難という意識が高まり、志を持った若者が出てくるチャンスかと思います。
松島さんもそうしたリーダーのお一人かと思います。本当に頼もしいです。
本日はありがとうございました。
株式会社学夢堂  代表取締役 東方 宏さん

 

【現役であり続けます!】
素晴らしい講義をありがとう!改めて吉田松陰先生の偉大さを知ることができました。やはり、志!大切ですね。どこに誰と向き合うのか、そして現役であり続けます!
この内容は多くの人に伝えていきたいです。また詳しく聞かせてください!本当に有意義な時間をありがとうございました。
T・Aさん

 

 【 ~扱いでなく、人として向き合いたい】
自分自身の学ぶ動機と志を明確にすること(人に話せるレベル以上)ことがとても大切であると思いました。
子供・大人でも子ども扱いしないことを通じて、自分自身も部下や新人に対して『~扱い』をしなく、人として向き合うことと自分の志・使命感をまず背中で見せることを実行していきたいと思います。
T・Aさん

 

 【自分の背中を見せる生き方を】
大変勉強になりました。自分の背中を見せる生き方をしていきます。知ることと実践することの大切さを知りました。ありがとうございました。
T・Fさん

 

【現場で臨場できることを大事にしたい】
松陰先生の実像に触れられてよかったです。先生もすごいですが、2年間に集うことができた塾生もすごいと思いました。現場にいることと臨場できることを大事にしたいと感じました。
E・Yさん

 

 【講師がいいです】
とにかく講師がいい。大満足です。ありがとうございます。
H・Sさん

 

【教育の本質を学べました】
教育方針について学べ、“志の”大切さ、何のために学ぶのかを再度考えた機会となりました。
M・Eさん

 

 【自分の仕事にも参考になるお話でした】
吉田松陰先生の本質を見抜く力に驚きました。今の時代に通じることが多いですね。塾の運営の仕方という点でも大変参考になるところがありました。もう少し歴史を学び、時代の志士を排出するような塾をプロデュースしていきたいと思います。本当にありがとうございました。
Y・B

【今日からまた気合を入れていきます】
私の師匠、ニッポンの師匠“松陰先生”を久しぶりに思い返すことができ、朝から活力をいただきました。松島さんのお話が、非常にわかりやすく、また笑いもありで非常に良かったです。心を調え、心をアツく、そして何よりも誰もマネできないその行動力を私も実践し、少しでも松陰先生に近づけるよう今日からまた気合入れていこうと思った次第です。ありがとうございました!!
M・Sさん

 

【テーマである自伸性の向上に関連深い、良い講義でした】
私の今のテーマ、人間の自伸性を高める要因を深めています。本日のお話はこのテーマに関連が深く、大変有意義でした。ありがとうございました。
H・Sさん

 

【士規七則を念頭に、人としての正しさを追求していきます】
本日はこのような機会を作っていただき、誠にありがとうございます。結論、実践あるのみだと思いますので、まずは“士規七則”の4つ目の“士として人として、道理を正し心が清潔であること”を念頭に、常に人としての正しさを追求していきます。
S・Hさん

 

【実践を意識していきます】
吉田松陰という人のすごさを改めて感じました。“志”というのがいかに大切で、何のために学び何のために行動するのかを自分自身でももっと深く考えていきたいと思います。本を読んでも実践できていないことも多いので、実践することをより意識していきます。
F・Kさん

 

【日本ってすごい国ですね】
先月よりも、すごく深く身に染みました。日本という国は本当にすごい国ですね。歴史が長いものの、知らないことが多すぎる。もっといろんなことを深く知る必要がありますね。自分というものをしっかり持っていきたいと思いました。
H・Tさん

 

【志に基づく実践!】
志に基づく“実践”が大切だと再確認できました。ありがとうございました。
T・Oさん

 

【志を持って前進していきます】
志がとっても大切と思いました。夢に向かうには志を持って前進していきます。吉田松陰先生はとってもすごい人です。本日は参加できました。ありがとうございます。
S・Wさん

 

 【歴史から学び、人生にいかしていきます】
本日はありがとうございました。歴史から学ぶことは多く、これからの人生にいかしていきたいと思いました。常に志と感謝を大切にこれからも行動していきたいと思いました。
T・Hさん

 

【行動価値基準にしていきます】
松島さん、講義ありがとうございました。“学ぶとは人たる所以をまなぶことなり。”“士規七則”志、友、読書。 深く自分と向き合い、行動価値基準にしていきたいと思います。
H・Mさん

 

【早速社内にて実践していきます】
先生が入れ替わりながら教えあうことで教育効果が高まる、というところに深く共感したので、早速社内に置き換えて実践していきたいと思います。
H・Hさん

 

【士規七則、腹に落とします】
士規七則を知れたことだけでも早起きしたかいがありました。何度も読み返して自分の腹に落としたいと思います。ありがとうございました。
M・Nさん

 

【さらに勉強していきます】
本日はありがとうございました。教育のお仕事をしている中で、吉田松陰さんには大変興味を持っておりましたが、なかなか機会がなく、どう自分とリンクさせていいのか見いだせず、勉強しておりませんでした。学生の時には頭に入ってこなかった吉田松陰さんのお話がこの歳になってスッと入ってきました。自発的に勉強を進めていきたいと思います。
K・Yさん

 

【エネルギーチャージしました】
新年のスタートに良い学びを受けられました。松陰先生からエネルギーをチャージさせていただきました。
K・Tさん

 

【“大和魂”“志”の定義の確かなものを再確認しました。】
これは前から考えていたのですが、“大和魂”とか“誇り”についてその定義に個人差があると思います。しかし、1つだけ変わらないことはそれらの対象についてプラスに思っていることだと思います。それを今回再確認できたと思います。
M・Sさん

 

【なぜ、学ぶのか。の大切さに気付きました。】
“君はなぜ学ぶのか?”という問いを発することの大切さに改めて気づきました。志と目的あってこそ、人の成長は実現していくのだと。ありがとうございました。
K・Iさん

 

【自分のフィールドで大和魂をもって頑張ります】
今日はありがとうございます。初めて参加させていただきましたが、今の時代が吉田松陰さんの講義に追いついている。そういうかっこいい背中に追いつきたいと思います。自分のフィールドで大和魂をもって頑張ります。
T・Aさん

 

【若い人に対する期待大】
改めて松下村塾は素晴らしいと思った。このような学びをもっと広め、日本の改革を進めていけたらと思う。若い人に対する期待大。ありがとうございました。
K・Nさん

【本物を感じました】
やはり本物はいつでもどこでもだれにでも通用するのだなと感じました。教育業界に私もおりますが、安易に教師にならないよう気を付けます。ありがとうございました。
M・Sさん

——————————————————————–

素敵なご感想をいただき、

誠にありがとうございました!


次回は、2月13日(水)朝7時

物語コーポレーション 東京フォーラムオフィスにて、

第25回歴史に学ぶ朝会

「吉田松陰の21世紀を生きる者への伝言~③門下生の活躍~」

~身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂~

を開催いたします!


今回の講義に加え、背筋の伸びる、より深い学びを得られると思いますので、
ぜひご参加ください!

 

♦--------------------♦

幕末を動かし、門下生を何人も輩出した偉人、
吉田松陰。

松陰先生はどんな行動を起こし、
その行動に隠された松陰先生の想いとは何か?

近代史を語る上で欠かせない人物、
松陰先生の生きた時代を知ることで、
今の時代を生きる私達の役割が分かります。

人として、日本人としてどうあるべきか?

高きみなさまのお越しを、お待ちしております!