4月9日第27回歴史に学ぶ朝会

「神社とお寺、どう違う?」に出席いただいた、

みなさまの中で、代表的なご感想を選ばせていただきました!

ぜひ、ご一読ください!

 

 

【学問を深める機会がなく、もったいない】

 

まず、純粋に新しい知識に触れられて、面白いと思うと同時に、

自分の国の通ってきた道のことを「新しい」と感じてしまうことに、

違和感を覚えます。

日本では、歴史に限らず、

受験に必要な知識以上に学問を深めていくことが、

そんなに機会が無いので、改めてもったいないな、と思いました。

(ジャパンスタイル 川島幸子さん)

 

【多面的な物事の見形】

 

日本の歴史や文化を学んでいく上で、

物事のいろいろな角度から多角的に見て学び、

判断していく必要があると感じました。

多角的な物事の見方はこれからの時代に

必要になってくるもののように思いました。

(大学生 C.Aさん)

 

【本質的なものを見極める目】

 

面白い話をありがとうございました。

物事が変化しながら運行していくとき、何が要因なのか、

複数の要因の中から重要なもの、根本的、本質的なものと

見極める目を養わなければならないと感じました。

(大学生 Y.Hさん)