おはようございます!

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


私たちは、意識せずに行動すると、他者に依存することがあります。

「がんばってるんだから、認めてほしい」

「がんばってるんだから、お前もがんばれ」

このような責め心がある人を、誰が認めてくれるのでしょうか。

がんばる人はいるのでしょうか。


むしろ、相手から、

「私だってがんばってるんだから、お前こそ私を認めろ」

「私だってがんばってるんだから、お前こそもっとがんばれ」

という、鏡の法則が発動するのがオチです。


では、どうすればいいのか。

責め心なく行動するための方法として、綿引の事例を披露します。

ぜひ、ご覧ください(^^♪


——————————–

■ NEWS!

▼6月9日(火)@東京・青山
『日本を元気にする古事記のこころ』

▼6月24日(水)@東京・青山
『人を大切にする経営実践勉強会』

⇒詳細・申し込みはこちらから!
http://irie-kando.com/lecture/

——————————–

最近、
「頑張っているのに、認めてくれない」
という職員と、

「頑張っているのは分かるけれど、
 ここをこう直してほしい」
と思う上司の方の

すれ違いの声を伺います。


私も、従業員の立場ですので(笑
「頑張っているのに、なんで!?」

と思った時もあります。
(補足:今はほとんどありません^^)


そして、
上司の方々と打ち合わせをする機会も多いので、

「一緒に働いている人のことを考えると、
 やはり注意せざるを得ない」

という気持ちも分かります。
 

「頑張っているのに」


この言葉が出るときは、
この「頑張り」の方向性が、
本人と上司とでズレている時。


本人は、
頑張って、きちんと自分の責任を全うしている。
と思っています。



そんな時に効く「魔法の言葉」は、

これではないか!?

と思った言葉があります。


その言葉は…


「助かりました」


です!!



この言葉、すごく人間関係を良くする言葉だと思いました。

「自分は頑張っている!!!」

の雰囲気は、とっても近寄りがたいですね。

逆に、

「助けてくれてありがとう〜^^」

の雰囲気は、進んで助けたくなってしまう。

そして、助けた側も役に立つ喜びを感じることができます。



頑張るから、人に認められる訳ではない。



人に手伝ってもらい、

「助けてくれてありがとう」

と言うほうが、

認められる場合もあるのではないかと、

最近、気がつきました。




「頑張っているのに、認めてくれない」

と思っていたら、その頑張りをゆるめてみる。


そして、その余裕を持って、周りを見てみると、

人からしてくれていることが沢山ある。

それを感じて、

「助かりました。ありがとうございます」

と言ってみたら、何か変わるかもしれないな、と思いました。



また、

「頑張っているのに」を言う部下がいる方、

「頑張っていることは分かるよ。

 だから、もう少し肩の力を抜いても大丈夫だよ」

と言ってみてください。

安心して、朗らかになるかもしれませんね。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。

(綿引 志帆)

———————————-

■ 編集後期

「認められるために、頑張る」

小さいころはそれで良かったのだと思います。

頑張れば、勉強は出来るようになる。

練習すれば、スポーツも出来るようになる。


けれども、仕事は、人と人。

自分が頑張れば認められる。

その、「自分が」の世界ではないところで、

仕事は成り立っているのかもしれません。


だれでも、自分がしたことは認めてほしい。

「認められるために、

 頑張るのを辞めて、感謝する」

ということも、ありかもしれないと思いました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

(綿引 志帆)