おはようございます!

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


初夏到来!

を感じさせる気候、お元気でお過ごしでしょうか。


入江感動経営研究所はいま、ご縁に恵まれているなー、
と感じる出来事が続いています。

もちろん、いいこともあれば、正直キツイことだってあるのですが、
すべてが私たちにとって最良の意味があることと、受け入れています。

すると、人生が、変わりますよね。

今こそ、転機! そう感じています。


その一つの出来事について、綿引、考察しました。

よろしければ、ぜひ、ご覧くださいね。


——————————–

■ NEWS!

▼5月12日(火)@東京・青山
『日本を元気にする古事記のこころ』

▼5月12日(火)@東京・浅草橋
『アサヒドリームクリエイト 5Sベンチマーク勉強会』

⇒詳細・申し込みはこちらから!
http://irie-kando.com/lecture/

——————————–

だんだん温かくなって、

春というよりも、初夏を感じる陽気ですね。

いつもありがとうございます。綿引です。


前回、新人研修の話をさせていただきましたが、

今回もさせてください(笑


4月17日に究極の新入職員研修を実施しました。


そこで研修を受けた新入職員の抱負

「私の夢」が

本当に、本当に、感動しました。



どんなことが書いてあったか、気になりますよね?

私が感動した「私の夢」を、ご紹介させてくださいね。

ーーーーーーーーー

私の夢は一流の掃除屋になることです。
そのためには、仕事で絶対に手を抜いてはいけないし、
様々な分野の知識を身につけていかないといけません。

そして、自分は人を笑顔にすることや、
喜ばせることがすきなので、
この仕事を通じてお客様から笑顔や
感謝の言葉を頂けるだけで幸せだと思います。

掃除をすることで、心を磨くことにもなるし、
謙虚にもなれるし、感動の心を育むことができるし、
感謝の心が芽生えます。
この仕事に誇りを持ち、
人間的にも成長したいと思います。

そのために今からできることは、
「至誠」を貫くことだと思います。
自分が普段やらなければいけないことを真剣にやることで、
一流の仕事とは、どのようなものなのか見えてくるものだと思う。
というか、見つけます。明日から本気で至誠を貫きます。

(F.Rさま)
ーーーーーーーーー

Fさんは、介護事業所を清掃する会社に入社しました。

今回ご縁があって、

掃除先の、介護事業所の新入職員の方と一緒に来られました。


Fさんは今まで、「掃除」というと、

汚いというイメージや、

パートのおじさん・おばさんがしているイメージがあり、
 
友人などに、掃除の会社で働いている

と言えなかったそうです。



研修では、

「仕事の価値は自分が決めている」

とお伝えしています。


今行っている仕事を、たかがこんな仕事とするのも、
こんなに素晴らしい仕事と決めるのも自分。

仕事そのものが素晴らしいのではなく、その志事をする人が、
最幸だと決めているから、最幸の志事になる。



今回の研修で「掃除はすばらしい仕事なんだ!」と、

とても誇りをもつことができたそうです。



Fさんが書いた「私の夢」冒頭の、

『一流の掃除屋になる』という言葉に、

覇気を感じられないでしょうか。


『仕事の価値は自分が決めている』


この言葉は、

掃除業界だけではなく、

どんな仕事においても当てはまると思います。



研修での学んだことを、

しっかりと自分の言葉にしていることに、

とても感動したのと同時に、

私ももっと、顔晴ろう!という気持ちになりました。



みなさまも、このメルマガが


ご自身の目指している理想像を思い出し、

さらに前進する力となりましたら嬉しいです!


本日もお読みいただき、ありがとうございました!


(綿引 志帆)

———————————-

■ 編集後期

「未来は意志である」

昨日、福祉施設の理事長とお話しているときに、

おっしゃっていた言葉です。


その言に、ハッとしました。


どんな未来を描くのか、

そこに、できない理由(原因)を持ってくるのは、

やらない理由を正当化させていること。


どんな未来を描くのか、

なぜ、その未来に近づきたいのかが、

とっても大事なのだと、改めて、思わされました。


新人研修といい、

このお話を聞いたことといい、

私に必要なメッセージだと受け止めました。



みなさまにも何か気づきがあれば…ということを祈りつつ、

本日も最後までお読みいただき、感謝いたします。

また次号もよろしくお願いします!

(綿引 志帆)