昨日は、町田の施設へ伺いました!


そこの理事長さまは、

一法人だけではなく、

業界全体を考えて何を何をしているかなど、

とても勉強になりました。

 

そのなかで、一番印象に残っている話。

それは

「部下に任せる」こと。


弊社では、「自立型人財」を育てていきます。

自立型人財とは、

「自ら考え、自ら動き、自ら育つ人」

と定義付けています。


その自立型人財を育てるには。。。


大事なのは

見本・信頼・支援。

その割合は、7:2:1。


見本となることが一番大切、と言っているのですね。

(福島正伸先生「メンタリング・マネジメント」参考)

支援(=アドバイス)は、1割しかない。


ということは、、、

「信頼して、見本を見せて、何もしない」が9割です。

信頼していない人は、怖くて出来ないと思います。

でも、部下の行動全部を見るのは、難しいですよね。

一歩間違えば、

同じ価値だけ、いや、それ以上の価値の見返りを求めて

「見張っている」のと同じ感覚を与えているかもしれません。

 

部下を思って見ているのか

自分が不安だから見ているのか・・・

 


そういう意味で言うと、

人財育成は、「覚悟」なのかな、と思いました。

 

 

また、部下も、

何か言われるのではないかと、周りを見張りながら仕事をしているのか

それとも、お客様・利用者さんにベクトルを合わせて仕事をしているのか・・・

 

個人的には、本当にお客様を思って仕事をしていたか、反省です。

 

 

業界を引っ張る方たち、なんかかっこいいなあと思っている方達は、

誰かから、何かをいわれるのを承知で、

新たな取り組みをしています。

 

周りの目を気にしない。

自分自信と、仕事に誇りを持つ。

そんなかっこいい大人になりたいと思いました^^

 

(綿引 志帆)