全スタッフの9割(18,000人)にものぼるアルバイトを

「最幸な人財」に育て、
厳しい競争下において「一人勝ち」を続けている組織。
それがディズニーです。

なぜディズニーでは「自ら考え自ら動く」スタッフが育つのか?
なぜ「笑顔で本氣の志事」ができるのか?

その答えは、理念経営にあった!

では、経営理念とは、どのようなものでしょうか。

経営の神様、松下幸之助さんは、こう言ってます。

『事業経営においては、たとえば技術力も大事、販売力も大事、資金力も大事、
 また人も大事といったように、大切なものは個々にはいろいろあるが、
 一番根本になるのは、正しい経営理念である』 (松下幸之助)

日創研・田舞徳太郎さんは、こう言ってます。

『経営理念の役割』
 ① 経営理念は、社員を同じ方向に向かわせる力を持つ
 ② 経営理念は、すべての判断の基準、行動の指針となる
 ③ 経営理念は、個人の志気を高め、存在の拠りどころとなる

このように、経営するにあたり、もっとも大事なのが『経営理念』です。

理念に基づく経営、すなわち理念経営を実践すれば、
私たちも、ディズニーのような組織がつくれる!

皆様と共に、入江も、実践します!!!

11056792_811856065561062_115473086_n