【横の絆が離職を防ぐ】

 

昨日は、創業以来ずっとお世話になっている障がい者施設で

2、3年目研修のプレゼンテーションを行いました。

 

職員の離職を防ぐために、横のつながりがとても大事だと思っています。

 

「もう、嫌だ。辞めたい」

そう思った時に、悩みごとを親身に聞いてくれる仲間がいる。

そして自分の心の中のものを全部吐き出すことができれば、

「もう少し、がんばろうかな」

と思うことができます。

 

私自身、いろいろ思うこともありますが、

気持ちを分かってくれるだけで、大きな力が湧いてくるのを感じます。

 

しかし、この横のつながりも、

会う機会がないと、難しいものです。

そこで、研修を利用してしまいます^^

 

ちょっとした意見交換や、沢山のワーク。

そして、なんとも言えない入江のキャラクターで、

あっという間に仲良くなってしまうのですね(笑

 

実際、ある施設長さまは、新人研修を終えたあと、

3年目、5年目で同期が集う研修を実施すると、

定着にとても効果がある、とおっしゃっていました。

 

この施設での2、3年目研修はまだ検討中ということですが、

悩むことの多い2、3年目の支援員さんが

いきいきと仕事ができるお手伝いができたら嬉しいな、と

祈っている最中です^^

 

良いふうになりますように…☆

 

(綿引 志帆)