おはようございます。

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。
入江 元太@入江感動経営研究所です。

いよいよ、師走になりました。

師も走るほど慌ただしい季節、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、弊社ホームページを、刷新しました!
http://irie-kando.com/

現時点の入江の想いをありったけ、表現しました。
入江ご挨拶の冒頭を、少しだけ、紹介させてください。

■「福祉に、人間力を」

法律の大変化を受け、福祉事業所は大きく揺れています。

企業の参入に伴い、競争が激化し、
時流を捉えた事業展開や、利用者確保、職員確保など、
事業所に課される課題は年々重くなっています。

では、どうすれば、この課題を解決できるか?

解決するのは、人です。
人の成長なくして、この厳しい世界を生き抜くことは、できません。

ここで、人の成長を、2つの要素に分解します。

「あり方」 → 心、モラル、人間力、、、

「やり方」 → 専門知識、能力、スキル、、、
この2つのうち、どちらがより大切だと思いますか?

▶︎…続きはこちらからお読みください!
http://irie-kando.com/greeting/

今回のメルマガでは、
「あり方」の代表である「人間力」について、
綿引が綿引なりに綿引目線で考察しました。

ぜひ、ご覧ください(^^♪

——————————–

■ NEWS!

▼12月9日 歴史に学ぶ朝会
 『日本が元気になる 古事記のこころ㈬』

▼12月26日 
 『親が子どもに世界一受けさせたい志授業』

▼1月26日
 『笑顔あふれる組織をつくる!ディズニー・セミナー』

・詳細・申し込みはこちらから!
 http://irie-kando.com/irieseminar/
——————————–

おはようございます!

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。

みなさまは、
「あり方」と「やり方」、どちらが大切だと思いますか^^?

入江は、「人間力」をとても大切にしています。

しかし、私自身は入社した時、「人間力」が全く分からず、
あるのか、ないのか、よく分からない力、
「人間力を高める!」と言われても、「…???」でした。

しかし、たくさんの人と出会ううちに、なんとなく分かってきました。

「この人と一緒にいると心地よい、元気になる」
「この先生の言うことは、肚の底に響いてくる」
「この人だったら信じられる」

そういうことなのかな、と思いました。

有り難いことに、ご縁がある方たちの人間力が高く、学ばせていただいております。

だったら、「人間力が大事だよ!」と、
「学校教育で教えてくれたらいいのに~(^^;;)」

と思ったので、調べたところ、
教育現場はこのように変化しているらしいです!

■政府の教育再生実行会議が、国公立大学の2次試験から、
学力試験(ペーパー試験)を廃止し、
面接などの「人物評価」を重視する方向へと検討を始めた。

■全国の保護者の計600名に、
教育現場に求めるものを尋ねたところ、
一番多い回答は「人間性を養えること」だった

■従来の学校から離れたオルタナティブ(もう一つの)な学習の場で、
人間力を高める「オルタナティブ教育」が広がりつつある

■Google、Amazon、Facebook、Wikipediaの創業者はいずれも
モンテッソーリ教育(オルタナティブ教育の一種)を受けており、
ほかにもドラッカーやオバマ大統領もそうである

出典:http://matome.naver.jp/odai/2138275033479378501

実は私、大学で、オルタナティブ教育を少し研究していました!

それは「人間力」の視点ではなく、
「幸福度の高い、北欧の教育」ということで興味を持っていました。

人間力の高さは、幸福度に関係があるのかもしれませんね。

また、日本には「修身」という科目がありました。

修身とは、人として美しい生き様を刻む、ということ。
まさに、「人間力」を高める科目です。

だからでしょうか。

江戸・明治初期に日本に来た外国人が見た世界は、
「幸せ」そのものでした。

「彼らは皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。
 一見したところ、富者も貧者もない。
 —-これが恐らく人民の本当の姿というものだろう。」
(タウンゼント・ハリス 1857年11月の日記より)

今現在、修身の科目はなくなりましたが、
もう一度、見直される時代になったのかもしれませんね。

弊社が、

「修身」と「オルタナティブ教育」を合わせ、
『人間力を高める教育の先駆的企業』

になったら、すごい!と思いました(^^♪

ホームページも新しくなり、

今後の方向性は入江さんに期待しつつ(笑

これからも、顔晴ってまいります!

(綿引 志帆)

——————–

■ 編集後記

新ホームページ、丹精込めてつくりましたので、

ご覧いただいた感想や、ご意見、

誤記修正(^^;)などありましたら、ぜひ、お返事くださいね。
 
新ホームページに、できるだけ反映させていただきます!!!

なお、新ホームページは、
新垣隆史さん(がっきー)に制作いただきました。

http://www.seminarjyoho.com/teacher_show_118579.html

がっきーのおかげで、高波動なサイトができたと感じているのですが、
いかがでしょうか。
(自画自賛(^^))

よろしければ、ぜひ、ご覧くださいね。
http://irie-kando.com/

今後とも、入江感動経営研究所を、よろしくお願いいたします!

(綿引 志帆)