おはようございます。

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。

10月。天高く馬肥ゆる秋、ですね。

青空が美しく、一年でもっとも過ごしやすい気候の昨今、

いかがお過ごしでしょうか。

9月で、今年度も半分が過ぎ(早い~!)、

新人研修など、6か月スパンの研修が終わりを迎えました。

そこで出会ったちょっといい話。

ぜひ、お読みくださいね。

——————————

■ NEWS!

▼10月7日 歴史に学ぶ朝会
 『日本が元気になる 古事記のこころ』

 http://irie-kando.com/news/140909/

——————————

おはようございます!

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。

先日、半年間に渡る新人職員研修が終わった法人がありました。

私も昨年に引き続き、今年も関わらせていただきました。

最終講は【プレゼンテーション研修】

一人5分の持ち時間を使って、

これからの抱負を発表しました。

このプレゼンテーションは、新人たちにとっての晴れの舞台。

パワーポイントを使う人、紙芝居をする人、

音楽を使って表現する人、模造紙を使う人…

しっかり準備してきたけれども、緊張で泣いてしまう人もいましたが、

成長が感じられる、とても感慨深い研修でした。

教室後方には、たくさんの上司の方に見ていただきました。

そして、その上司の方、一緒に研修をしてきた受講生全員、

応援メッセージを渡しました。

発表者一人に付き約30枚、全600枚にも渡る、応援メッセージです。

応援し合う、認め合う、成長を見守る…

そんな温かい雰囲気がありました。

そして、施設長さまから、こそっとこんな言葉をいただきました。

「『この園の職員は、みんなグループワークで自分の意見が言える

 人の意見も聞ける。みんなの前で発表ができる。さすがですね』
 
 と、外部講師の方に言っていただけました。あなたたちのおかげね。」

本当にありがたい限りです。

そして、今後壁にぶつかった時に、勇気・やる気が湧き上がる

自分宛の作文「夢作文」を書きました。

ある受講生が書いた夢作文を、ご紹介させてください。

『今現在、すごく落ち込んでいて、悩んだり迷ったりすることも

 あると思います。私自身一人で考え込んでしまうので、

 苦しむと思います。けど、人との出会いはとても大切です。

 その人一人ひとりよいところがたくさんあるはずです。

 そこを見て行きましょう。自分自身落ち込んでいても、

 先には進めません。

 少しずつでも、一歩ずつでも前に進んで行きましょう。

 必ず頑張っている姿を誰かは見ていてくれます。

 失敗しても、恐れることなく、一生懸命行うことが、

 良いところであり、周りの人たちも喜んでくれるはずです。

 なので、あきらめないでください。

 園の利用者様一人ひとり人生も性格も違うので、本当に大変ですが、

 分からなければ、上司など誰かに聞いて解決していきましょう。

 同期の人たちも大切にし、助け合って、

 人に嫌なことは絶対にしないよう、明るく前向きに頑張りましょう。

 (S.Hさま)』

受講生のみなさんは、この研修は少し、大変だったかもしれません

しかし、半年間の研修が終わり、これから本格的に社会の海へ泳ぎ出します。

この研修が終わってからも、研修の中の体験が血肉となり、

今後の社会人として、大きく羽ばたいていってほしいと、願っています。

そして、プレゼンテーションを見ながら、

社会人2年目の私も、ますます羽ばたきたいと思ったのでした。

今回も、お読みいただき、ありがとうございました!

(綿引 志帆)

——————–

■ 編集後記

今回の研修では、私からの応援メッセージも渡しました。

あなたの良さ、特徴、そして今後期待すること…。

一人ひとり、丁寧に言葉を添えて渡していきました。

中には、「ラミネートして保存する!」「飾っておきます!!」

という方もいて、とっても喜んでいただけたことが、本当に嬉しかったです。

そして、終了後の懇親会。

なんと、花束と「研修ありがとうございました!」というケーキが出てきました!

しかも、入江と、綿引の2つ分!

温かい気持ちでいっぱいになりました。

研修では、「何のために仕事をするのか」ということを、問いかけます。

しかし、研修を何度聞いている私も

「何のために仕事をしているのか」分からなくなる時があります。

しかし、研修を受けているみなさんの成長と笑顔のために、

私は、いま、ここにいるんだな、と思いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

(綿引 志帆)