第31、32回歴史に学ぶ会

2日連続!博多の歴女 白駒妃登美氏講演会~

 

8月5日(月)19:00~21:00「日本人の絆物語」

感動的で、素敵なの物語。

 

 

8月6日(火)朝7:00~8:30「日本人の生きる道」

 日本人の素晴らしさは、一人一人が生きるを持っていること。

 

*申込みの方は下記から☆

 

歴史ってかた~いイメージありませんか?

年配の男性が読むものっていうイメージ、ありませんか?

 

しかし、そんなイメージを覆す、

とっても感動的な日本人の物語はたくさんあります。

 

 

今回ご講演いただくのは、

博多の歴女として講演、執筆活動をしている

白駒妃登美をおよびいたしました。

 

 

日本人のしさ

日本人の

日本人の

 

 

お話しを聞くだけで、

日本に生まれてよかった!

こんな歴史の先生がいたらよかった!

と日本の歴史が大好きになります^^

 

 

日本人として、日本を好きになること。

 

 

それは、きっと

 

幸せのための道のり。

 

 

8月5日(月)の夜の部は、

「日本人の絆物語」について。

とっても感動的で、素敵な愛のあり方。

 

8月6日朝の部は、

「日本人、道の精神」について。

美しい日本人の生き様が、いま私たちに教えてくれるものがあります。

 

一人でも多くの方へ、

日本を愛するきっかけを。

自分を愛するきっかけを。

 

 

 

 

★講師:白駒妃登美氏(しらこまひとみ)

 

埼玉県生まれ、福岡県在住。

慶應義塾大学卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として

7年半勤務。その後結婚、出産を経て、

福岡県を拠点に結婚コンサルタントの活動をしながら、

「博多の歴女」として歴史講座を積極的に展開。

2012年、日本の歴史や文化の素晴らしさを

国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立。

全国各地で講演活動に取り組んでいる。

著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』(共著、祥伝社)、

2013年には新刊「感動する日本史」を発売。

 

ブログ : http://ameblo.jp/hitomi-mazenda/

株式会社ことほぎ:http://kotohogi2672.com/index.html

 

 

【お客様の感想】

8月5日 「日本人の絆物語」

江戸時代のイメージは、一般的には

『鎖国で厳格な身分制度の中で生きている民は、苦しい生活を強いられている』

と思われているところがあると思います。

しかし、一方では武士道の根幹である、公に生きる大和心が隅々まで行き渡って、

265年の大平の世が続いたことになったのだと思います。

八田興一技師の台湾における功績、未来永劫するともいます。

八田さんやそのプロジェクトにかかわった人たちのおかげで、今の台湾の豊かな食文化があると多くの台湾人が思い、

今でもその功績を讃え、忘れないように次の世代に語り続けています。

(J.R様 @台湾)

 

8月6日 「日本人の生きる道」

日本の良さ、日本人の素晴らしさを秘めた力、見えないパワー

測れないものを持っているのを改めて感じました。

『おかげさま』の力が、自分でも見えないくらいの奇跡的な力を引き起こす。

歴史は嘘をつかないので、日本人の良さを、日本の素晴らしさを

取り戻していきたいところがたくさんあります。

今の時代に生まれた意味をもっと深く受け止め、

より多くの人に日本に生まれてきてよかったと思える国にしていきます。

(M.Kさま)