感動物語 ~入江感動経営研究所たより 8月号~

入江 元太@入江感動経営研究所です。

暦の上では残暑ですが、盛夏まっさかり! といった日々、

みなさま暑く、熱くお過ごしのこととお喜び申し上げます。

去る7月17日に、
『感動物語コンテスト(カンコン)関東地区予選会』
が開催されました。

感動物語コンテスト(カンコン)

「感動経営」を志す者として、このイベントを逃すわけにいかない!

と感じ、今年イチオシの「いい話」を伺った
パサージュいなぎ様とタッグを組み、
以下のお話を映像にして、出展しました。

 

パサージュいなぎ様(障碍者支援施設)

やっぱり、何度観てもいい話です。

よろしければ、映像の抜粋編を、ご覧くださいませ。

—————————————-

ONE FOR ALL,ALL FOR ONE
~パサージュいなぎ~

「心に寄り添う支援」を合言葉に、
利用者さんを幸せにするために、
スタッフ全員で頑張ってきた。

困難なことももちろんあるが、
互いを支え合い、乗り越えてきた。

パサージュいなぎのスタッフ 文男さんは、
その人その人の『ありのまま』を大切に、

利用者さんのためになる存在に、
みんながなれたらいい、と考えていた。

しかし、ある日、
文男さんが、脳梗塞で倒れてしまった。

文男さんはいつでも、スタッフの大きな支えだった。

文男さんの、命は? もう仕事に戻ってこれないの?
そんなことが頭によぎった。

幸い、命は助かった。

安心はしたものの、
文男さんには早く元気になってほしくて、

何度もお見舞いにいった。

願いを込めて、みんなで千羽鶴を折った。

フォトフレームに、毎日、写真を送った。

文男さんに元気になってもらいたい。
その一心だった。

それは仕事においても、同じだった。

みんなでそのカバーをした。

文男さんも、
入院中でさえパサージュのことを考えていた。

そして、やっと。

文男さんの退院の日となった。

文男さんが、パサージュに戻ってきた。

辛いリハビリ期間を経て、
脳梗塞という死の病を乗り越えた。

そして、
パサージュスタッフだけでなく、
家族も文男さんの笑顔を待っていた。

~息子さんから文男さんへのメッセージ~

—————————————-

この、息子さんのメッセージが、相当に、泣けるんです。

ここまで言ったら、映像を見せてよ~
という方もいらっしゃるかと思いますので、
そんな方は、こっそりご連絡ください。

こっそり、お見せしますので^^

このように、本当に、いいお話だったのですが、
残念ながら、予選敗退となりました。

敗退後に、施設長の加地さまからいただいたメッセージです。

『今回このような取組がある事を知り、
 入江さんの映像作りを拝見させていただく中で、
 感動できる出来事は常に起こっていること、
 そして形にしていくことでそれを実感できる事を知りました。

 年度終りに・・・』

という、サプライズ宣言をなさいました。

加地さん、期待してますね!

映像作成にご協力いただいた、
パサージュのみなさん、かっしー、ありがとうございました!

—————————————-
 渾身のイベントのご紹介
—————————————-

8月9日
 歴史に学ぶ朝会
 『人類誕生の秘密に迫る ~ダーヴィンとウォーレス~』

 

8月9日
 愛と感動の福祉経営研究会 in名古屋

 

9月15日
 感動物語コンテスト・グランプリ大会 in大阪

 

▼10月22日
 働く幸せ・人に優しい会社フォーラム

 

11月9日
 入江感動経営研究所 創業2周年 大感謝祭

 ★本気(マジ)で、相当に、気合入ってます。

  よろしければ、ぜひ、
  天命を生きるための気づきに、そして、
  入江へエールを贈りにいらしてください!

  (早期お申込み特典もあります!)

 

—————————————-
■ 編集後記
—————————————-

入江感動経営研究所のホームページをリニューアルしました!

ご縁をいただいたお客さまを思い出しながら、
誠心誠意、つくりました。

※HP作成にご協力いただいた、

 U-Space 宇藤社長、加藤さま

 エクスウィルパートナーズ 五十嵐社長

 

 最後までお読みいただき、誠に、ありがとうございました!

株式会社 入江感動経営研究所

代表取締役 入江 元太