おはようございます。

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


サクラサクぽかぽか陽気で、気分も晴れやかになりますね!


さて、前号では、古川・卒業!という、

入江的には衝撃!のご報告をさせていただきました。


では、これから綿引と2人で、入江感動経営研究所は、

どうするの? 大丈夫なの?

という疑問にお答えし、新体制についてご報告いたします!

——————–

■ NEWS!

▼4月8日【歴史に学ぶ朝会】世界無形文化遺産・和食の魅力編

 『和食に助けられた人』

 あなたと健康社・五来社長より、
 日本人が絶対健康に生きる奥義をお話しいただきます!

 http://irie-kando.com/news/140408/

▼4月18日【ディズニーに学ぶ 次世代リーダー育成セミナー】 

 楽しさは、学びの敵ではない!
 たくさんの気づきと、深い学びができる本セミナー。
 事前期待以上に学べること、お約束します!!!

 http://irie-kando.com/news/140418/

——————–

あらためまして、入江 元太です。


3月31日に、古川が、旅立ちました。

古川にとって、人生最初の上司が、入江。

ある意味、古川にとって、

人生でもっとも影響を受ける他人が、入江だとの思いをもって、

全力で育成してきました。


とにかく、早く一人前になってほしい。

ひとりの日本女子として、美しくあってほしい。

そう思って、古川には結構厳しくあたってきたように感じます。


その矢先、インターンからたった1年半で、古川から直接、

「支援の仕事がしたい!」という、退職の意向を聴きました。


意向を聴いた後に、大好きな施設長との面談の機会をつくるなど、

本氣の応援をしてきました。


とはいえ、彼女に、たった1年半で、何が残せたのか、

自分の指導方法はこれでいいのだろうか。

きちんと育てられているのだろうか。

という葛藤が、どうしても拭えませんでした。


しかし、壮行会の古川の晴れやかな笑顔(そして涙)を見て、

喜びが、肚からわきあがってきました。


ひとりの女性が、ひとつの使命を見つけて、旅立った。

それも、人を幸せにするお志事に、旅立った。

だからこそ、ご縁深い古川さんを、一生、応援します!


そして、入江元太は、

入江感動経営研究所は、

これからも全力で行動していきます。


人を幸せにする研修を、

精魂込めて提供していくことを、

ここに誓います。


今後とも温い目でご注目いただきますよう、

よろしくお願いいたします!





一点集中!

入江は今後、企業研修を『経営立志塾』に集約し、

提供していきます。


『経営立志塾』とは、何か。


入江がこれまで600回以上講義してきた集大成として、

職員集団の方向性が一致し、

①自立型人財育成

②思いやりあふれる全員経営

を実現する講座です。


詳しくは、このメルマガでもご紹介していきますので、

ご期待いただけますと、とっても嬉しいです!





メルマガは、これから、毎月2回の発行とさせていただきます。

これくらいの頻度の方が、みなさまに読んでいただけるかなーと、

という、前向きかつ現実的な判断です。


変わらぬご愛顧をいただけますと、とっても嬉しいです!

(入江 元太)


——————–

■ 編集後記

おはようございます!

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。

同期であった、古川が卒業して行きました。

送別会での写真を添付しましたので、ぜひ、ご覧下さい!


しかし、なぜか実感が湧きません…(苦笑)

それはこれからも『繋がっている』と感じているからかもしれません。


古川さんには事務処理など、よく注意をしてしまいましたが、

メルマガやチラシ作成となると、

天才的な完成で、素晴らしいものを創ってくれていました。

どうしたら、古川さんのように臨場感のあるメルマガが書けるのかな…

と思ったこともありました。

もうあのぐっとくるメルマガが読めないのか…と思うと、寂しいですね。


古川が支援で顔晴っていることを感じながら、

入江感動経営研究所を、今以上に盛り上げていきますので、

温かい気持ちで見守っていただけますと幸いです!




新体制で迎える、

4月8日【歴史に学ぶ朝会】世界無形文化遺産・和食の魅力編

『和食に助けられた人』
 http://irie-kando.com/news/140408/


4月18日【ディズニーに学ぶ 次世代リーダー育成セミナー】 

 http://irie-kando.com/news/140418/


ぜひ、応援の気持ちでお越しいただけますと、

とっても嬉しいです!


本日もお読みいただき、ありがとうございました!

平成26年度も、よろしくお願いいたします!

(綿引 志帆)

——————–