おはようございます。

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


ぽかぽか陽気で、桜も、品種によっては咲き始めた今日この頃、

お元氣でお過ごしでしょうか。


さて、今回は、弊社研修でも大切にしている『生きる力』について、

古川がふかーく洞察しています。

よろしければ、ぜひ、お読みください!!!


————————————————————
————————————————————

おはようございます!

古川 裕美@入江感動経営研究所です。


『生きる力』を考えたとき、この曲に似たものがある、と感じました。


“正義か悪か、相手か自分か。それは道を閉ざす見えない罠。

 きっと光は別の道を指すだろう。僕らはそれを見つけ出す力がある”


これは、あるミュージカルの中での一曲の歌詞です。


この曲をつくった方が、こんなことを話していました。

『これまでたくさんの人が、何度でも何度でも新しい道を見つけ、

 今を創りだしてきた。
 
 私たちも、未来をつくっていく力がある。
 
 新しい道をつくり出す力が絶対にある。』



1年前、『生きる力』を石巻で感じました。

震災が起こった後、わたしは石巻の方々と一緒にミュージカルをしていました。

(冒頭に出てきたミュージカルとは違うものです)

石巻ミュージカルでは、津波でお母さんを亡くした高校生の女の子、

後ろを走って逃げていた人が、津波で流されたのを目撃した方、

家を流され仮設住宅に住んでいる方、いろいろな方がいました。


石巻で感じたことは、

『辛いことがあったけど、負けずに乗り越えていこう!』

というものより

『これからの未来を自分たちの力でつくっていこう!』

というものでした。

前者より、もっと強いパワーを感じました。


先日14日に終了した、『経営立志塾』の最終講義でも、

『生きる力』を感じました。

自分は何をしていったらいいのか、わからない…

そう言っていた塾生のみなさんが、経営立志塾の最終プレゼンにて、

『自分はこの道に進むことに決めた!』

と決意表明をされました。

新しい道を見つけ出す力、進む力を、人は持っているんだ、

と強く感じました。


年度末の3月、新しい役職に就かれる方、新規事業を始める方、

たくさんの方が新しい道をつくりだしていくのかと思います。

いろんな場所で、無から有を生み出す『生きる力』が

湧き起っていることにわくわくする春です(^^)

来年度も、顔晴りましょう!

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

(古川 裕美)

————————————————————
■ 編集後記
————————————————————

おはようございます!

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。

一年間の研修が終わる3月。

先日、一年間の研修の集大成を飾るプレゼンテーション発表がありました。

受講生それぞれが抱く、今までの苦労や葛藤と、輝く未来。

それを見ながら

組織にとっての「生きる力」を感じました。


そのプレゼンテーション発表では、上司の方々もご覧になり

「新人のみなさんの作るムービーを見たら、法人の前途も明るいと感じます」

という声もいただきました!


来年度の研修企画を立てながら、

来年度はどんな方とお会いできるのか、楽しみです(^^)


来週に迫る下記、イベントも

どんな方とお会いできるでしょうか。

私たちのホスピタリティが試される場。

気合を入れて準備してます!

よろしかったら、ぜひご参加くださいね。

■3月26日開催
 ディズニーに学ぶ、次世代リーダー育成セミナー 
 →前回満員御礼!大好評をいただいた本セミナー。
  第三弾として、さらにパワーアップし開催します!
 http://irie-kando.com/news/130326/

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

(綿引 志帆)