おはようございます。

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。

今朝も冷えていますが、みなさまいかがお過ごしですか?

先日は50年ぶりと言われるほどの大雪が降り、

入江もご近所の方も、みんな雪かきに勤しんでおりました(^^)

雪かきの後は、心も体もすっきりです!

さて、本日は、雪かきの後のように心も体もすっきりする『掃除』について

綿引が書いてくれました!


よろしければ、ぜひ、ご覧くださいませ。


————————————————————
————————————————————

おはようございます!

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。


最近は雪が降ってから、とても寒い日が続いていますね。

水道水も本当に冷たくて、家事も大変ですよね。

弊社ではそんな冷たい水を絞って、毎朝雑巾がけをしています。


入江が、イエローハット創業者 鍵山秀三郎氏の

『掃除の道』に感動し、

「みんなで雑巾がけをしよう!」と

全員で朝の5分間の掃除が始まりました。


雑巾がけなんて、小中学校以来…

私も、古川も、「えぇ~!(やりたくない…)」と

ハンディワイパーなど、色々便利な掃除グッツを提案しました。


しかし、一貫して「雑巾がけをする!!」とのことだったので、

しぶしぶ始まりました。


事務所移転の7月から始まったのですが、

今は2月。

弊社はガスを通していないので、冬でも冷たい水です。


手と膝を床につけて、

頭を下げて、雑巾がけをする。


疲れが取れていない朝は、とてもやる気ではありませんでしたが、

それでも毎日続けて雑巾がけをしていました。


すると、続けていくうちに、気持ちの変化がありました。

雑巾がけをして、なんだか楽しい!

と思えるようになったのです。


雑巾できっちりと端から端までを拭きながら、

立っていた時には気付かなかった髪の毛やチリを発見したり、

ホコリがごっそりと取れていたり。

「あ~、綺麗になった~!」という喜びがあります。


そして昨日も頭を下げて、雑巾がけをしながら

ある感覚が湧きました。


それは、

“この事務所に想いが染み込んでいる”

という感覚です。


私も、研修でさまざまな施設に伺いますが、

施設に入った瞬間、研修している瞬間に感じる「暖かさ」があります。


この暖かさの違いはなんだろう。


施設の人の内面の暖かさもあると思います。


しかしそれ以外にも、

その施設、部屋、道具を大切に使ってきた想いが

染み込んでいるのではないかな、と思っています。


雑巾がけをしながら、

「あ、私は今、事務所に想いを染み込ませている」

「この事務所が居心地の良い場所へと変化している」

と感じ、嬉しくなりました!


掃除するだけだったら、便利なグッツはたくさんある。

けれども、手間をかけ掃除をすることで、心は豊かになる。


プライドが高い私も、

少しは謙虚になっていっているのではないかな~

と思っています(笑)


なかなかやらない雑巾がけ、ぜひあなたも、

一度やってみてくださいね。


本日もお読みいただき、ありがとうございました!

(綿引 志帆)

————————————————————
■ 編集後記
————————————————————

おはようございます!

古川裕美@入江感動経営研究所です!

掃除の大切さ(というか、当たり前さ!?)をわたしもひしひしと感じております。

アフリカのタンザニアにホームステイしたとき、タンザニアの人々は朝6時頃に起き出し、

朝御飯も食べずに掃除をしていました。

大人も子供も、掃き掃除のあとに拭き掃除

休みの日も欠かさずに掃除をしていました。

ふと、近くを見てみると、私の母親も、毎日床を雑巾崖していたことに気づきました。

タンザニアの人や母親にとっては、ごくごく当たり前のことなのだろうと思います。

わたしも、ABC(当たり前のことを、バカみたいに、ちゃんとやる)

を大切に、身近なところから頑張ろうと思います!


さて、明日はいよいよ、

第38回歴史に学ぶ朝会の日です!!

今回は、世界遺産に登録された、『和食』についてのお話です。

お時間あるかたは、ぜひお越しください(*^^*)



■2月14日(金)歴史に学ぶ朝会 
『世界無形文化遺産、和食の歴史』
 (講師:株式会社あなたと健康社 代表取締役社長 五来 純さま)

 http://irie-kando.com/news/140214/

本日もお読みいただき、ありがとうございました!


(古川 裕美)