おはようございます

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


きのうは、立春!大安!さらに雪!な関東地方でしたが、

みなさまお元気にお過ごしでしょうか。


さて、最近、弊社研修では

【心】 モチベーション
    動機づけ

【技】 業務技術
    コミュニケーションスキル

【体】 実行力
    習慣化

にこだわって研修を組み立てています。


そんな中、現代社会で鍛えにくいと言われている【体】について、

弊社古川は、独自の手法で鍛えているとのことを、

下記に赤裸々(!?)に記しています。


よろしければ、ぜひ、ご覧くださいませ!


————————————————————
————————————————————

おはようございます!

古川 裕美@入江感動経営研究所です。

まだまだ寒い日が続きますが、%%name%%さまは体調を崩すことなく

元気にお過ごしですか?

わたしは、普段の厚着が功を奏してとても元気です!

でも、動きづらいので早く暖かくなってほしいです(笑)


さて、そんな私ですが、厚着のほかに体のためにやっていることが

もう1つあります。

それが、「ストレッチ」と「筋トレ」です!(2つでした(^-^;)


その2つを継続してやることになったきっかけは、

以前、ミュージカルの演出の方に言われた

『もっと自分の体と向き合う』

という言葉です。


わたしは、体がものすごく固く、さらに体幹が弱かったため

ダンスがものすごく下手でした。(今もまだまだ下手ですが(-_-;))

下手であるが故、ダンスのオーディションはボロボロで、

やりたい役が全くもらえていませんでした。

そのため、ダンスの上手い人を見ては、

「悔しい~」「なんでできないんだー」

と嘆いていました。


そんな時、演出の方がぽろっと言っていた言葉が、胸に刺さりました。

『もっと自分の体と向き合う時間をとる』


その言葉を聞いて、私は「なんて大事なことを忘れていたんだ!!」

と衝撃を受けました。


考えてみれば、わたしは、

ダンスができないことへの悔しさや、

少しうまくなったときの嬉しさ、など

自分の心とは結構対話をしていました。

ですが、体の声をちゃんと聞くことを忘れて、

心の訴えるままに進み続けていました。


きっと体は、

「そこまでは足があがらんよー」

「そんなにジャンプ力はないぞ」

なんて、いろいろメッセージを送っていたと思います。


「メッセージを無視して、ごめんなさいー!!」

という声が猛烈に湧き上がってきました。


そして、

「これから、毎朝・晩、自分の体と向き合う時間をきちんと取り

 体の調子を理解していこう」と決めました。


それ以来、ストレッチをしてみると、

『あー、ここの筋伸ばすと気持ちいいな~』

『あー、もうあと3回腹筋したら限界だ~』

など、体の感覚を感じながら動くことがとても大事な時間となり、

体が元気になるにともなって、心も元気になってきました(#^^#)


今では、毎朝5時半起きも、プールで2時間泳ぎ続けることも苦ではなく、

毎日元気に過ごすことができています!


“心・技・体”の3つを磨いていくことが大事だ、と昔から言われていますが、

確かにその3つは繋がっているな、と感じた出来事でした!



あなたも、寒い季節ですが、お元気にお過ごしください(^^)


本日もお読みいただき、ありがとうございました!

(古川 裕美)


————————————————————
■ 編集後記
————————————————————
おはようございます!綿引 志帆です。


元気に過ごす!ということで、

朝5時半起き、プールでの2時間水泳をこなす古川。

私にはとてもハードルが高いことをしている彼女をとても尊敬しています(^^)


さて、元気にすごす!ということで、体を整えることも大事ですが、

一方で『食』もとても大切ですよね。


戦前にはほとんどなかったアトピーや精神疾患が、なぜ増えたのか…

その原因のひとつが『食』と言えます。

口から入るもので、私たちの体はつくられています。



私たちが健康で豊かに暮らすためも、

日本にもともと存在した『和食』はとても貴重なものです。


昨年12月4日に和食が、世界無形文化遺産に登録され、

世界からもますます注目されています!


そんな和食を学ぶ次回の歴史『和食の歴史』

ご都合がつきましたら、ぜひお越し下さい(*^^*)


■2月14日(金)歴史に学ぶ朝会 
『世界無形文化遺産、和食の歴史』
 (講師:株式会社あなたと健康社 代表取締役社長 五来 純さま)

 http://irie-kando.com/news/140214/

本日もお読みいただき、ありがとうございました!


(綿引 志帆)