都内では雪も降り、厳しい冷え込みが続きますが、

お元気でお過ごしでしょうか!?

 

 

さて、最近入江が研修でお伝えしているお話の中で、

受講生から「いいね!」をもっとも多くいただく内容について、

少し、お話しさせてくださいね。

 

 

Q 私たち人間は、何のために生きているのでしょうか?

 

これを、ダライ・ラマさんは、こうおっしゃいました。

 

「私たちは、幸せになるために生きている」

と。

 

Q それでは、幸せに生きるために、何が必要なのでしょうか?

 

文部科学省は、それを、このように表現しています。

 

生きる力

 

であると。

 

これって、あたり前のことですが、深い言葉だと思います。

 

 

Qみなさまは『生きる力』お持ちですか?

 

間違いなく、お持ちなのだと思います。

なければ、生きてませんので(^^;)

 

しかし、これを笑ってばかりいられないのが、現代の日本社会です。

 

 

就活自殺」という言葉をご存知でしょうか?

 

 読んで字のごとく、就職活動に失敗して自殺しまうことです。

 

 その就活自殺者数が、150人を超えた、というニュースがありました。

 

 

 

あらためて、考えたいと思います。

 

 

 Q 「生きる力」とは、何でしょうか?

 

文部科学省は、生きる力を育むために、

家庭ではこうしたことが大事、と指摘しています。

 

○ いつも家族で「おはよう」「ただいま」「おやすみ」などの

  あいさつをする

○ 学校での出来事について子どもと話す

○ 早寝早起きを心がける

○ 家族みんなで毎日朝食を食べる

○ お手伝いの習慣をつける

○ 親子で話し合って、テレビやゲームの時間などルールを決める

 

 要は、人として当たり前のことを当たり前にやれる力、

すなわち、自らを律する(=自律する)力を、

幼いうちから養うことが、家庭でもっとも大事、と指摘しています。

 

それを、日本が誇る教育学者の、故、森信三先生は、

かねてより、こうおっしゃっています。

 

 

 挨拶、返事、後始末 (躾の三原則)

 

 

 この3点を、ツがつくうち(9歳まで)に身につけさせれば、

 

 → 人に好かれる

  → 人から加護を受ける

  → 一生くいっぱぐれがない

 とおっしゃっています。

 

 

 挨拶、返事、後始末といった平凡なことを、

非凡なほど努めることにより、

人から好かれ、天から好かれる生き方ができる、ということですね。

 

 

私たち大人が、毎日、

 

  笑顔で挨拶する

   「ハイ」と返事をする

   履物を揃える、椅子を入れる

 

を、ビシッと行えば、生きる力のある子が育ち、

生きる力のある社会、すなわち、元気な社会になると、

信じています。

 

 

 以上、まずは自分から率先垂範。

 

鋭意、行動します!

 

 (入江 元太)

 

 ———————————————————–

■ 「生きる力」を高める講演会です!

————————————————————

 ▼1月26日:愛と感動の福祉経営研究会『新年・相互支援会』

 福島正伸先生講演会の後に開催します(*^-^*)

 

2月6日:『日本人の誇り』東條英利氏講演会

 東條英機氏の曾孫が語る緊急提言!

 

2月13日:歴史に学ぶ朝会『吉田松陰・21世紀を生きる者への伝言』

 ~塾生が残した功績と、現代への伝言~

 

2月14日:突き抜けた理念で共に成熟社会の勝者になろう!

 ~あなたの会社に奇跡が起きる・臥龍先生講演会~

 

 ————————————————————

■ 編集後記

————————————————————

 おはようございます!

インターンを始め、はや半年がたちました、綿引です!

 

 突然ですが、

みなさまは日本が好きですか?

それとも、あんまり……ですか?

 

 私は正直に言って、数年前まで日本はあまり好きではなく、

「海外行きたいなぁ」とばかり思っていました。

 

しかし、ある出逢いがあって、

「日本のここが素晴らしいんだー!」と力強く言われた時に

 

「え、そうだったの!?」

と、とても衝撃を受けました。

 

それから、日本を知るたびごとに、

自分自身が生きているルーツを知るようで、

新しい発見が沢山あり、面白い!って思っています。

 

 一人ひとりが「日本のここがイヤだから、改善しよう」ではなく、

「日本が好きだから、もっと良くしたい!」

という社会っていいな、と思います。

 

だから、もっと日本の面白さを伝播していきたいなって思います!

 

 今、2月6日の東條英利さんの講演会を企画していますが、

60名定員のなか、

現時点で40名さまほどからお申込みをいただいており、

ちゃくちゃくとお申し込みが増えてきています。

 

とても嬉しい! ありがとうございます!!

 

またそのほかに、懇親会場をどこにしようか、

MCはなんと言おうか・・・などなどを考えている

ところでもあります^^

 

 

みなさんに、より楽しんでいただける場を提供できるように、

笑顔いっぱい、元気いっぱいでがんばります!

 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

 

 (綿引 志帆)