10月の入江感動経営研究所だよりは

11月9日 創業2周年記念 大感謝祭のご案内をさせてください!

この感謝祭、とても気合が入っています^^

ただの講演会ではなく、「大感謝祭」です!
今まで、本当にたくさんの方に支えていただき、
無事に2周年を迎えることができました!

その感謝の想いをお伝えしたい! と、心より念願しています^^


感謝祭の内容は、豪華3本仕立て!

1.映画「天から見れば」上映

2.「天から見れば」の監督、入江 富美子さんの講演

3.私、入江 元太の講演


今回のメルマガでは、
「天から見れば」と、入江富美子さんをご紹介します!


★映画「天から見れば」

主人公、南正文さんは、小学校三年生の春休み、
製材業を営む父を手伝っている時、
機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまいました。

苦悶する中、十四歳の時に両親と共に京都の大石順教尼を訪ねました。
大石順教尼もまた、十七歳の時、養父に一家五人を斬殺され、
両腕を失っていましたが、独学で書画の勉強に励み、
口で筆をとり絵画・書を描いていたのです。

南さんは順教尼に弟子入りし、慈愛に満ちた修業が始まりました。

大石順教尼の最後の弟子であり、教えを引き継ぐ南さんから
「どんなできごとも自分の考え方しだいで良きことになる」
大石順教尼の教え「禍福一如」(かふくいちにょ)の人生が溢れだしているのです。

親子で障碍を乗り越える、涙なしでは見られない、感動的な映画です!

この機会に、ぜひご覧ください!

 

★映画監督 入江 富美子さん

入江富美子さんとは、今年度より、ダブル入江として、
福祉施設さまで研修しております!

(*ちなみに夫婦ではございません(笑))

今回のこの大感謝祭も、ダブル入江として、
みなさまにパワフルな講演をして参ります!

そこで、入江富美子さんをご紹介させてください!


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
入江富美子さんは、「1/4の奇跡~本当のことだから」という
ドキュメンタリー映画を制作・監督しました。

今回上映する「天から見れば」は、3作目となります。

人脈なし、お金なし、技術なしの無いづくしの中、
ホームビデオを片手に、
「あるメッセージを伝えたくてたまらない…」
その思いだけで作った映画。

その映画とその映画を作ったプロセスが日本で反響を呼び、
海外14か国、全国、世界合わせて1300回上映、
12万人を動員しました。(2011年10月現在)
先月もロサンゼルスで講演をされ、大活躍の富美子さん。


無い無いづくしの中、なぜ映画を作ろうと思ったのか、
それでも伝えたかったあるメッセージとは…?

長年のトラウマを乗り越え、ミッションを生きる!と決めた
魂が震える富美子さんの講演。

ぜひ会場でお聴きください!
絶対スイッチが入ります!


創業2周年記念大感謝祭で、
みなさまとお会いできること、楽しみにしています^^!


★お申込みは、こちらから!

  http://irie-kando.com/lecture/11-9/


—————————————-
■ 渾身のイベントのご紹介
—————————————-

★10月16日(火)
 歴史に学ぶ朝会(第21回)
 「古文書に見る江戸時代の農村と、現代農業再生への道標」

 歴史を学ぶのはとても興味あるけれど、少しハードルが高い…

  そんな方に本朝会では、
 深い歴史の智慧と、共に学ぶ仲間が得られます!
 
 今回の講義は、江戸農村について。

 幾度と襲う飢饉。でも、実態は…

 

★10月22日(月)
 人に優しい会社~日台国際フォーラム~

人に優しい会社とは?

 利益だけじゃない、
 障碍者も家族と思って、会社経営に挑戦。
 
 様々な困難に遭いながらも邁進してきた、
 日本理化学工業株式会社。
 
 会社というフィールドの中で、手探りで探した、
 健常者と障碍者が共に進む道。

 その軌跡と、障碍者雇用の結果は…

 

★11月9日
 入江感動経営研究所 創業2周年大感謝祭

 

両腕を失った少年。
 絶望の中、見つけたもの。
 
 トラウマのある女性。
 そのトラウマを許せた先。
 
 生活を奪われ、
 茫然となった先に見つけた目標。

 天命に出会う生き方。
 それぞれのストーリーの結末とは…

3つとも、とてもオススメなイベントです!

みなさまに、ご参加いただけたら、本当に嬉しく思います!

ぜひ、ご参加くださいませ!

 

—————————————-
■ 編集後記
—————————————

先日、上の子の運動会がありました!
扇風機事件でお伝えした、あの子です。

子どもの成長を間近で見ることができ、
本当に幸せなひと時でした。

ところが、パパはリレーで転んでしまい、肩を痛め、
もう若くはないんだな、ということも痛感しました(笑)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!