おはようございます!

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


昨日、入江が渾身の力を込めた歴史に学ぶ朝会

「日本人の道徳」を講演いたしました!

ありがたいことに、朝から沢山の方がお越しくださり、感無量の思いです。

今回は、綿引から歴史で学ぶ朝会のレポートを書いてくれました。

ぜひ、お読みくださいませ(*^^*)!

————————————————————

今更何を言うかと自分でも考へるが、ちよつぴり欲を言つてみたい。

1、読みたい本
「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

2、見たい絵
ラファエル「聖母子像」芳崖「悲母観音」

3、智・・

・・・笑つて征く。

穴沢利夫少尉 遺書  昭和20年4月12日戦死 23歳



おはようございます。

綿引 志帆@入江感動経営研究所です。


昨日は入江から、「日本人の道徳」ということで、

太平洋戦争を中心に、日本の歴史観、

そして日本の精神性を学びました!

私は司会進行をを勤めていましたが

講義、映像に涙をこらえるのに必死でした。。。笑


みなさん、特攻隊員の遺書を読んだことがありますでしょうか。

特攻隊には否定論もあると思います。

しかし、自分が死ぬ逝く時には、

だれに、どんな言葉を遺したいと思いますか?


当時、隊員達の遺書は検閲されたと言います。

しかし、それでもあふれるくらい、伝えたい思いはありました。


以下、すごい感動する映像です!ぜひ見てみてください!

youtube 『神風特攻隊「命の使い方」~日本人として知っておきたいこと~』

 http://www.youtube.com/watch?v=5w5TC4ppsIE



日本は『自虐史観』といわれるような教育があります。

私も、中高生のころは『日本』を毛嫌いし、

早く海外に行きたいと思っていました。


しかし、右・左関係なく、

ただ、日本を知っていく中で、

自分の心の奥から感動することが沢山ありました。


なぜ、感動するのでしょう。


それは、日本万歳!というわけではなく、


日本人の、

大切な人を、心から大切に思っている心が、

本当に美しく感動するのだと思いました。


冒頭の遺書を紹介させてください。

ーーーーーーー

婚約をしてあつた男性として、散つてゆく男子として、

女性であるあなたに少し言つて征きたい。

「あなたの幸を希う以外に何者もない

「勇気を持って過去を忘れ、新活面を見出すこと。

穴沢は現実の世界にはもう存在しない。


今更何を言うかと自分でも考へるが、ちよつぴり欲を言つてみたい。

1、読みたい本
「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

2、見たい絵
ラファエル「聖母子像」芳崖「悲母観音

3、

智恵子

会ひたい。話したい。無性に。


今後は明るく朗らかに。

自分も負けずに朗らかに笑つて征く。

穴沢利夫少尉 遺書(抜粋)
昭和20年4月12日戦死 23歳


全文
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/isyo/isyobun/anazawaisho.html

ーーーーー

これを、書いた時の気持ちはどのようなものなのでしょうか。

死にゆく愛しい人から、

切実な「会いたい」と書かれた遺書をもらった

その気持ちはどのようなものなのでしょうか。


特攻隊の遺書には、このようなものが沢山あります。

お母さんへ、お父さんへ、

一人残していく妹へ

愛している奥さんへ。。。



特攻とは、ありえない作戦です。

戦闘員が帰還する確率がほぼ0%、

行く分だけのガソリンしかありません。

もっと生きたかった若者も、沢山いたでしょう。

先ほどの穴沢氏は23歳、私と同じ歳です。

負け戦の中、特攻に逝く彼らの死は、

無駄だったのでしょうか。


「特攻の生みの親」と言われる、

大西瀧治郎中将はこのように言っていました。


「これは、九分九厘成功の見込みはない。

では何故見込みのないのにこのような強行をするのか、


ここに信じてよいことがある。

結果が仮に、いかなる形の講和になろうとも、

日本民族が将に亡びんとする時に当たって、

身をもってこれを防いだ若者たちがいた、という歴史の残る限り、

五百年後、千年後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう、ということである」



私たちは、自分の力で生きているのではない。

沢山のご先祖さまのおかげで、

今、生きることができているのだと、思いました。


だからこそ、自分も命を精一杯、輝かせていきます。


最後に、よろしかったら、ぜひ映像を見てみてくださいね^^!


youtube 『神風特攻隊「命の使い方」~日本人として知っておきたいこと~』

 http://www.youtube.com/watch?v=5w5TC4ppsIE


本日もお読みいただき、ありがとうございました!


(綿引 志帆)

————————————————————
■ 編集後記
————————————————————

おはようございます!

朝会での特攻隊員のお話には、胸が熱くなりました。

日々の生き方を、考えさせられます。


少し前ですが、『何のために仕事をするのか』と考えたことがあります。

もちろん、お客様のために、私はやる!という気持ちです。

しかし、たまに、事務仕事などをずっとやっているときは、少し戸惑ってしまいます。

そんな時、わたしは、

『大好きな人、大切な人にかっこ悪いところを見せたくない!』

という思いになります。

別に、大好きな人や大切な人がそばで見ているわけではないですが、

それでも、怠けたりするかっこ悪い自分は見せたくない!と思うのです。

大切な人がいる、ということは、それだけで、がんばる力になるのですね。


『シャンパンタワーの法則』というのをご存知ですか?

『事業を成功させるには、まず、自分と自分の家族、社員を満たすことから始まる』

という法則です。

大切な人のためにも頑張る、それは、きっとお客様の幸せにもつながっていくのだと思います。


弊社では、シャンパンタワーの法則を取り入れた【幸せな成功者】になるためのセミナー、

『経営立志塾』を開催いたしますので、興味を持たれた方は、

まずは体験会からお越しくださいませ(^^)

▼経営立志塾 体験説明会
「幸せな成功者」になるためのエッセンスを凝縮!

10月18日(金)19:00~21:00
 http://irie-kando.com/news/1018/


(古川 裕美)