おはようございます!

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

入江 元太@入江感動経営研究所です。


さて、8月5日・6日の二日間連続で、
白駒妃登美さん講演会を開催いたしました。

おかげさまで、日本を想うステキな方々が多数集い、
素晴らしい会になりました。


本会事務局の中心的存在だった綿引が、会を総括し、
コメントしています。

よろしければ、ぜひ、お読みくださいませ!

—————————————-

おはようございます、綿引 志帆です!

先日の5,6日に、白駒妃登美さんの講演会を開催いたしました!

本当にたくさんの方にお越しいただき、感謝・感謝の二日間になりました。


私が白駒さんのお話の中で特に感銘を受けたことを、簡潔に、紹介しますね。


それは、宇喜多秀家と八丈島の子孫の400年にわたるご縁です。


関ヶ原の戦で西軍だった宇喜多秀家は、敗れ、八丈島へ流刑になります。


八丈島では農作物も豊かではなく、飢饉に襲われたりと、大変な状況でした。

飢饉になったとき、妻の豪姫はなんとか、夫と息子たちに仕送りがしたいと、

協力者もあって、幕府制限の量をはるかに超える、仕送りをしました。


そこで、受け取った宇喜多秀家は、自分たちだけではなく、

飢饉に苦しむ、八丈島の農民に仕送りを分けました。


そして、私は、ここからの物語に感動しました。


仕送りを分けてもらった八丈島の人たちが、ずっと語り続けたことがあります。

それは「宇喜多家のおかげで私たちは生きている」ということでした。


その思いは、金沢にある大蓮寺という豪姫の菩提寺へ

わざわざその恩に感謝するために

八丈島から金沢へ訪れる方が、今もなお、いるといいます。


宇喜多秀家が生きていた時代は、400年も昔のことです。

その恩を、ずっとずっと覚え、感謝の念を抱き続けることに、

私の人生を思い浮かべました。


自分の命がなぜ誕生できたか、

400年間遡れば、私は知らないけれど、

きっと誰かが助けてくれたということもあったと思います。




この白駒さんのお話は、本当に多くの方に知ってもらいたい!

人生が変わるきっかけ、日本がよりよくなるきっかけになると強く信じて、

また、来場した人に喜んでもらいたいという思いで

今までやらなかったことを、たくさん取り入れました。


もちろん完璧ではありませんでしたが、

多くの方に持ち帰っていただくものがあり、多くの交流が生まれ、

お礼をする前に、感謝のメッセージを多くいただきました。


そして、日本を想う心は、来ていただいた方だけでなく、

参加者のお知り合いの方にも輪のように広がっていく…


そう思ったときに、ふと、私が人の役に立てたのだと思い、

感動して、涙が出てきました。


たくさんの人のおかげで生きているからこそ、

もっと、人のお役に立てる自分であるよう、

そして、粋な人間になれるよう、顔晴ります(*^^*)


いつもありがとうございます!


(綿引 志帆)


————————————————————
■ 編集後記
————————————————————

おはようございます。
入江感動経営研究所の古川です。

先日の白駒さんのお話を聴き、私も日本人であることへの誇りを感じました。

自分にもその血が流れている、と思うと、背筋がしゃんとなります。


当日は、台湾から李さんという方が来てくださいました。

李さんの感想です。

『日本の本来の姿をよく知る台湾の祖父母から、いろいろ聞いて学んでまいりました。

日本には歴史上、古代史から近代史、そして現代に至るまで、

多くの素晴らしく美しいストーリーがあるのに、

それが知られていないのは、もったいないと思います。』


台湾では、『日本精神があるね』というのは、とてもうれしい褒め言葉だそうです。

ご先祖様が遺してくれた、ありがたい遺産です。


私たち以降の代にも紡がれるよう、日本精神を大切に、お志事に邁進します!


(古川 裕美)