入江 元太@入江感動経営研究所です。


東京はいかにも梅雨!

雨が多い日々が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。


突然ですが、最近、「自己開示」が熱いんですよね。

そんな「自己開示」の効果について、

綿引が、端的に、考察してくれました。

よろしければ、ぜひ、お読みくださいませ!


—————————————-


おはようございます!綿引 志帆です。


突然ですが、自分の過去をどのくらい人に話せますか?


最近、入江はよく、「自己開示」研修を提供しています。

「自分史を、発表します!」と言った瞬間、

受講生からイヤ~な視線をいただく場合もありますが(^^;)、

終わるころには、泣き笑いを経て、なごやか~な空気に変わるんです^^


なぜ、自己開示をするのか。

カウンリングでは、自己開示をこのように意義づけています。


【自己開示】

自分の情報(感情、経験、人生観など)を他者に言葉で伝えることを指す。

自分のことを適切伝えられると、相手もそれに応えて思っていることを語りはじめ、

そういう人現関係が深まっていくと、日常生活が生き生きしてくる。

自己開示には感情をはき出すことで浄化したり、話すうちに自分の態度や意見が

明確にまとまったり、自分の能力や意見の妥当性を評価できたりなどの機能がある。




人それぞれですが、

ハートを閉じると決めた出来事」があるようです。

つらい、恥ずかしい、苦しいなどの思い出です。


これらを、「人に話す」ということを通じ、

その思い出の苦しさから解放されるという効果があります。


「もういいや~!」

と、開き直って手放す感じだと私は思っています(笑)



しかし、「辛い」と記憶していない過去の体験もあります。

「インナーチャイルド」という言葉を知っていますか?

「内なる子供」と訳されますが、

具体的には子供時代の頃の記憶や心情、感傷の事を指します。

この心情や感傷を置いておいて、大人になろうとすることがあります。


このインナーチャイルドに、

つい先日、ふとした出来事がきっかけで出会いました。


私の中の、9,10歳くらいの記憶でしょうか。


泣きながら、

「行かないで~!」

「置いてかないで~!」

と、立ちすくんだ私の姿がはっきりと脳裏に浮かんできました。



この言葉は、過去一度も口にしたことはありません。



それどころか、両親は家に居る時間も多く、

自分がそう思っていたなんて、本当にびっくりしました。


無意識に恐怖と孤独を感じていたのだと思います。



今は、置いて行かれる恐怖感や孤独感があるからこそ、

人の心に寄り添うことができる、と思っています。


自分の過去に寄りこと、

それは、自分をもっと大切にすること、

また、人の人生を尊重することにつながるのではないでしょうか。


ぜひ、みなさまも自分自身の過去を

抱きしめてくださいね!


今回もお読みいただき、ありがとうございました^^!


(綿引 志帆)

————————————————————
■ 編集後記
————————————————————

おはようございます!

古川裕美です。


過去を、美化するのでもなく、暗く捉えるのでもなく、

ただ、ありのままの事実として受け入れる。


それができた時、

『あの時こうだったら』や『あのころは良かった』

という思いがなくなり、今を生きることができるのではないかな、

と感じます。

だからこそ、自分が生きてきた過去や、歴史の真実を

ちゃんと知ろう、と思います!


宣伝になってしまいますが、

7月12日は、代30回歴史に学ぶ朝会

歴史再考~人情豊かな社会を目指して~

が開催されます!


歴史の真実を、早朝から勉強したい方、ぜひ(^^)


(古川 裕美)


☆メルマガに登録したい方はこちらから↓

http://tkj8.biz/Ty/fm/irie/