東條英機の曾孫が語る緊急提言

「日本国は、いつから始まったのか?」

「日本の祝祭日、正月、盆行事のもつ意味は何か?」

「日本人のあるべき姿は?」

世界的にみて非常にユニークな国家観と国民性を持つわが国 “日本” について、
みなさんは考えたこと、ありますでしょうか。



世界は今、経済が西洋から東洋への転換期だといわれています。

文明も経済も、思想も哲学も、医療も教育も、歴史も文化も、

東洋のモノの見方・考え方が、見直されてきています。


その地政学的特性から「東西文明の架け橋」といわれているわが国「日本」。

世界を導く役割を課されているようにも思えます。


ところが、日本人は、戦後65年の奮闘により、

物質的豊かさを手にしましたが、心の幸せを感じていないようで、

わが国の高校生の62%は、

「私は価値ある人間だとは思わない」

と答えています。

少子高齢化や財政赤字など様々な問題や、

生きる価値を見出しにくい社会構造の中で、

国民はみな、どのように歩んでいくべきか、模索しています。


この状況を打破するきっかけとして、国民一人ひとりが、この国の素晴らしさを知り、

『日本人の誇り』

をもつことが、明るい未来を描くキーワードになるような気がしてなりません。



日本の起源は?

日本の文化は?

日本の伝統とは?

日本の歴史は?


あらためて、「日本」という国を深く知ることによって、

日本に生まれたことへの誇りと自信を持ち、

心新たに生きるきっかけとなる講演会。


第40代内閣総理大臣・東條英機の直系の孫、

東條英利氏が日本人に贈る、熱き言霊を、

ぜひ、お聴きください!!

【講師】

東條 英利さま

第40代内閣総理大臣の東條英機は直系の曾祖父にあたる。
教養力の再生が真のグローバリズムに求められるとして、
日本文化・伝承の源泉となる神社・神道を学ぶ仕組み作りとして、
全国神社情報専門ポータルサイト「神社人」を主宰。

日本人の基礎教養力向上を目的とした勉強会、講演活動を全国的に展開する他、神社、神道、文化、歴史、教養といったテーマで各種執筆活動を行っている。

2012年5月、学研より「日本人の証明」を上梓。

 

【日時】

2013年2月6日(水)

19:00~21:00 (受付18:30~)

 

【場所】

株式会社物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス

東京都港区南青山2-4-3 1階

(青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)

 

【参加費】

3,000円(一般)

1,000円(学生)

 

【主催】

アジア太平洋ルネッサンス協会(APRA)

株式会社 入江感動経営研究所

 

【ご案内書】

東條英利氏 講演会

 

☆お申し込みはこちらから☆ (受付終了)

[contact-form-7 404 "Not Found"]