お客様の声

4月9日開催報告!「神社とお寺、どう違う?」ご感想

4月9日第27回歴史に学ぶ朝会 「神社とお寺、どう違う?」に出席いただいた、 みなさまの中で、代表的なご感想を選ばせていただきました! ぜひ、ご一読ください!     【学問を深める機会がなく、もったいない】   まず、純粋に新しい知識に触れられて、面白いと思うと同時に、 自分の国の通ってきた道のことを「新しい」と感じてしまうことに、 違和感を覚えます。 日本では、歴史に限らず、 受験に必要な知識以上に学問を深めていくことが、 そんなに機会が無いので、改めてもったいないな、と思いました。 (ジャパンスタイル 川島幸子さん)   【多面的な物事の見形】   日本の歴史や文化を学んでいく上で、 物事のいろいろな角度から多角的に見て学び、 判断していく必要があると感じました。 多角的な物事の見方はこれからの時代に 必要になってくるもののように思いました。 (大学生 C.Aさん)   【本質的なものを見極める目】   面白い話をありがとうございました。 物事が変化しながら運行していくとき、何が要因なのか、 複数の要因の中から重要なもの、根本的、本質的なものと 見極める目を養わなければならないと感じました。 (大学生 Y.Hさん)  
4月 9th, 2013|お客様の声|0 Comments

3月12日開催! 歴史に学ぶ朝会「なぜ日本人はユニークなのか?」ご感想

【身近なところに日本らしさ】   学校での掃除の話や靴をそろえる話など、 身近なところで日本らしさ、日本人らしさが 身についていることがとても嬉しかったです。 自らを律すること、答えは自分の中にあること、 神=万物=everything など、心に残ったキーワードが沢山ありました。 貴重な体験をありがとうございました!   (岩崎公認会計事務所 岩崎 秀一さま)     【誇りを持てた】   日本に生まれたこと、今までも幸せなことと思っていましたが、 日本人であるということに誇りを持てました。 私たちは自信の国のことを知らなさすぎると思います。 日本の歴史を知るだけで、多くの人の力が湧き、 国が良くなっていくのではないかと感じました。   (有限会社プルーフ 徳永 恒士さま)     【万物すべてに感謝】   日本人の協調性やチームワークは世界の中でも 素晴らしい価値をもっているのだと改めて思いました。 その素晴らしい文化の源である神道精神についてより 深く学んでいきたいです。 また、日本で神様をeverythingと称して万物すべてに 感謝する精神を大切にしたいと思いました。   (T大学 M.Sさま)     【欲張りに学んだ】 日本史を得意としていなかったので、 ついていけるか多少不安でした。 しかし、テーブルの皆様の温かい雰囲気と笑いも交えながら お話ししてくださる本日の内容に時間を忘れ 聞き入ってしまいました。 道の意味、オタクとマニア、とてもイメージが浮かびました。 日本の基礎ともいえる神道から世界へ話が展開し、 欲張りにいろいろなことを学ばせていただき、 朝からお腹いっぱいでした。   (株式会社ビジネスバンク 清原 麗さま)  
3月 12th, 2013|お客様の声|0 Comments

2月13日開催 歴史に学ぶ朝会「門下生、高杉晋作の活躍」お客様の声!

2月13日、第24回歴史に学ぶ朝会 第25回歴史に学ぶ朝会 「吉田松陰の21世紀を生きる者への伝言~③門下生の活躍~」 を開催いたしました!     シェアタイムでのお話しや、 参加いただきた方々のご感想を拝見し、 この会は本当にすばらしい方々ばかりだな、と 感謝の気持ちとやりがいを感じました^^     すばらしいご感想を沢山いただいたのですが、 代表でお三方のご感想を紹介させていただきます。     ぜひ、熱い感想をご一読くださいませ!   ———————————- 【迷いなく歩んでいきたい】   死してなお魂を遺した吉田松陰。高杉晋作。 迷いなく歩んでいきたい、そう思いました。 反対されること、敵を作ることが苦手です。 しかし、自分の中に大切にしたい想いがあれば、きっと平気です。 自分が大切にしたいものは何か?整理したいです。 志あれば、道は自ずと拓かれていくのだと思いました。   (八王子拓真高校 石山晃一さま)     【お隣の方と話すチャンス】   意外にできたお隣の方と話すチャンスもあり、 とても良いお話しが出来て楽しかったです。 全然歴史に詳しくなく、1回目や2回目の講義も面白そうだったので、 聞けなかったのが、残念です。 これを機に、日本の歴史の本を少し読んでみたいと思います。     【頭がクリアで学びが深まります】   高杉晋作が松陰に問うた「男子の死すべきところ」について とても共感します。 全て「心構えが基本」、礎となることを学ばせてもらいました。 早朝の勉強会は頭の中がクリアな状態で参加できるため、 学びが深まります。 ありがとうございました。   ————————————-   本日もありがとうござました!
2月 13th, 2013|お客様の声|0 Comments

1月16日開催 歴史に学ぶ朝会「吉田松陰の生涯」お客様の声!

本日、1月16日に第24回歴史に学ぶ朝会 「吉田松陰の21世紀を生きる者への伝言~②松下村塾の教育~」 が開催されました!   2013年初の歴史に学ぶ朝会、 志の高い参加者のみなさまと、吉田松陰先生の『士規七則』を学び、 心をシャキッと調え、良い一日のスタートが切れました。   今回も朝会にご参加いただいたみなさまの アンケートを集計いたしました。 みなさまの熱い感想、 ぜひ、ご一読くださいませ!———————————- 【国難を乗り越える光を見ました】失われた20年といますが、なにが失われたかと考えますと、世の中に役立つために働くという若者の夢が失われたのではないかと思います。すなわち、志です。今、国難という意識が高まり、志を持った若者が出てくるチャンスかと思います。松島さんもそうしたリーダーのお一人かと思います。本当に頼もしいです。本日はありがとうございました。株式会社学夢堂  代表取締役 東方 宏さん   【現役であり続けます!】素晴らしい講義をありがとう!改めて吉田松陰先生の偉大さを知ることができました。やはり、志!大切ですね。どこに誰と向き合うのか、そして現役であり続けます!この内容は多くの人に伝えていきたいです。また詳しく聞かせてください!本当に有意義な時間をありがとうございました。T・Aさん    【 ~扱いでなく、人として向き合いたい】自分自身の学ぶ動機と志を明確にすること(人に話せるレベル以上)ことがとても大切であると思いました。子供・大人でも子ども扱いしないことを通じて、自分自身も部下や新人に対して『~扱い』をしなく、人として向き合うことと自分の志・使命感をまず背中で見せることを実行していきたいと思います。T・Aさん    【自分の背中を見せる生き方を】大変勉強になりました。自分の背中を見せる生き方をしていきます。知ることと実践することの大切さを知りました。ありがとうございました。T・Fさん   【現場で臨場できることを大事にしたい】松陰先生の実像に触れられてよかったです。先生もすごいですが、2年間に集うことができた塾生もすごいと思いました。現場にいることと臨場できることを大事にしたいと感じました。E・Yさん    【講師がいいです】とにかく講師がいい。大満足です。ありがとうございます。H・Sさん   【教育の本質を学べました】教育方針について学べ、“志の”大切さ、何のために学ぶのかを再度考えた機会となりました。M・Eさん    【自分の仕事にも参考になるお話でした】吉田松陰先生の本質を見抜く力に驚きました。今の時代に通じることが多いですね。塾の運営の仕方という点でも大変参考になるところがありました。もう少し歴史を学び、時代の志士を排出するような塾をプロデュースしていきたいと思います。本当にありがとうございました。Y・B 【今日からまた気合を入れていきます】私の師匠、ニッポンの師匠“松陰先生”を久しぶりに思い返すことができ、朝から活力をいただきました。松島さんのお話が、非常にわかりやすく、また笑いもありで非常に良かったです。心を調え、心をアツく、そして何よりも誰もマネできないその行動力を私も実践し、少しでも松陰先生に近づけるよう今日からまた気合入れていこうと思った次第です。ありがとうございました!!M・Sさん   【テーマである自伸性の向上に関連深い、良い講義でした】私の今のテーマ、人間の自伸性を高める要因を深めています。本日のお話はこのテーマに関連が深く、大変有意義でした。ありがとうございました。H・Sさん   【士規七則を念頭に、人としての正しさを追求していきます】本日はこのような機会を作っていただき、誠にありがとうございます。結論、実践あるのみだと思いますので、まずは“士規七則”の4つ目の“士として人として、道理を正し心が清潔であること”を念頭に、常に人としての正しさを追求していきます。S・Hさん   【実践を意識していきます】吉田松陰という人のすごさを改めて感じました。“志”というのがいかに大切で、何のために学び何のために行動するのかを自分自身でももっと深く考えていきたいと思います。本を読んでも実践できていないことも多いので、実践することをより意識していきます。F・Kさん   【日本ってすごい国ですね】先月よりも、すごく深く身に染みました。日本という国は本当にすごい国ですね。歴史が長いものの、知らないことが多すぎる。もっといろんなことを深く知る必要がありますね。自分というものをしっかり持っていきたいと思いました。H・Tさん   【志に基づく実践!】志に基づく“実践”が大切だと再確認できました。ありがとうございました。T・Oさん   【志を持って前進していきます】志がとっても大切と思いました。夢に向かうには志を持って前進していきます。吉田松陰先生はとってもすごい人です。本日は参加できました。ありがとうございます。S・Wさん    【歴史から学び、人生にいかしていきます】本日はありがとうございました。歴史から学ぶことは多く、これからの人生にいかしていきたいと思いました。常に志と感謝を大切にこれからも行動していきたいと思いました。T・Hさん   【行動価値基準にしていきます】松島さん、講義ありがとうございました。“学ぶとは人たる所以をまなぶことなり。”“士規七則”志、友、読書。 深く自分と向き合い、行動価値基準にしていきたいと思います。H・Mさん   【早速社内にて実践していきます】先生が入れ替わりながら教えあうことで教育効果が高まる、というところに深く共感したので、早速社内に置き換えて実践していきたいと思います。H・Hさん   【士規七則、腹に落とします】士規七則を知れたことだけでも早起きしたかいがありました。何度も読み返して自分の腹に落としたいと思います。ありがとうございました。M・Nさん   【さらに勉強していきます】本日はありがとうございました。教育のお仕事をしている中で、吉田松陰さんには大変興味を持っておりましたが、なかなか機会がなく、どう自分とリンクさせていいのか見いだせず、勉強しておりませんでした。学生の時には頭に入ってこなかった吉田松陰さんのお話がこの歳になってスッと入ってきました。自発的に勉強を進めていきたいと思います。K・Yさん   【エネルギーチャージしました】新年のスタートに良い学びを受けられました。松陰先生からエネルギーをチャージさせていただきました。K・Tさん   【“大和魂”“志”の定義の確かなものを再確認しました。】これは前から考えていたのですが、“大和魂”とか“誇り”についてその定義に個人差があると思います。しかし、1つだけ変わらないことはそれらの対象についてプラスに思っていることだと思います。それを今回再確認できたと思います。M・Sさん   【なぜ、学ぶのか。の大切さに気付きました。】“君はなぜ学ぶのか?”という問いを発することの大切さに改めて気づきました。志と目的あってこそ、人の成長は実現していくのだと。ありがとうございました。K・Iさん   【自分のフィールドで大和魂をもって頑張ります】今日はありがとうございます。初めて参加させていただきましたが、今の時代が吉田松陰さんの講義に追いついている。そういうかっこいい背中に追いつきたいと思います。自分のフィールドで大和魂をもって頑張ります。T・Aさん   【若い人に対する期待大】改めて松下村塾は素晴らしいと思った。このような学びをもっと広め、日本の改革を進めていけたらと思う。若い人に対する期待大。ありがとうございました。K・Nさん 【本物を感じました】やはり本物はいつでもどこでもだれにでも通用するのだなと感じました。教育業界に私もおりますが、安易に教師にならないよう気を付けます。ありがとうございました。M・Sさん ——————————————————————– 素敵なご感想をいただき、 誠にありがとうございました! 次回は、2月13日(水)朝7時 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィスにて、 第25回歴史に学ぶ朝会 「吉田松陰の21世紀を生きる者への伝言~③門下生の活躍~」 ~身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂~ を開催いたします! 今回の講義に加え、背筋の伸びる、より深い学びを得られると思いますので、ぜひご参加ください!   ♦--------------------♦ 幕末を動かし、門下生を何人も輩出した偉人、吉田松陰。 松陰先生はどんな行動を起こし、その行動に隠された松陰先生の想いとは何か? 近代史を語る上で欠かせない人物、松陰先生の生きた時代を知ることで、今の時代を生きる私達の役割が分かります。 人として、日本人としてどうあるべきか? 志高きみなさまのお越しを、お待ちしております!  
1月 16th, 2013|お客様の声|0 Comments

12月11日開催 歴史に学ぶ朝会「吉田松陰の生涯」お客様の声!

本日、12月11日に第23回歴史に学ぶ朝会 「吉田松陰の生涯:吉田松陰が生きた時代背景と彼の生き様」 にご参加いただき、誠にありがとうございました! 本日から、心機一転、青山に変わり、いかがだったでしょうか。 吉田松陰の言葉、生き様は心の深いところに刺さり、あらたな決意をさせていただいたように思います。 今回も朝会にご参加いただいたみなさまのアンケートを集計いたしました。 みなさまの熱い感想、 ぜひ、ご一読くださいませ! ———————————- 【平成の志士への期待が高まりました!】 明治維新のときのように、今の日本は国難にあります。若い方々が、吉田松陰を学び、日本のためになにかしたいと思っていることは、とても頼もしい!いざ、いでよ、平成の志士たちよ!! 【自らの信念に嘘をつかない!】 松陰のエンジンは、圧倒的な好奇心、天から与えられた自分の役割に徹していたことだったのかなと思いました。人がどうとかいうことよりも、自らの信念に嘘をつかないという大切なことを改めて感じました。 【もっともっと学びたいです!】 吉田松陰を深く知ることができ、貴重な機会をいただきました。さらに深く知りたくなりました。中でも、吉田松蔭に影響を与えた佐久間象山と孟子について学びたいと思いました。また、一獄に咲く花を観たいと思います。そこから私も大和魂を育みます。ありがとうございました。 【吉田松陰の生き様を見ました】 松島さん、松陰の一生涯のお話し、ありがとうございました。言行一致の人、好奇心旺盛で素直で天下のもとの広さで生きた人と感じました。 【現代に生き者にも通じる、志を感じました。】 本日は、学びの機会をいただきありがとうございます。短い時間ではまとめるのが難しいことと思いますが、面白い松陰先生の生い立ちを知ることができました。現代を生きる我々にも通じる志を感じることができました。 【日本の変革の希望を見ました】 具体的、細かい話を聞けたのはよかったが、それ以上に感心したのは、松島さんのような若い方が、志士に興味を持ってくれていること。素晴らしいと思う。このような若い方がもっともっと出てくることを希望する。そうなれば日本も変わると思う。絶対そうなって欲しい。 【未来を切り開いていく気概】 生き生きと語る松島さんお姿が印象的でした。心の声に従って、行動することの大切さに改めて気づきました。信念を確固たるものにしていきたいとも思いました。国を想う心、未来を願う心。未来におびえるのではなく、切り開いていく気概を改めて事故に養っていきたい。次回も楽しみです!よろしくお願いいたします!とても分かりやすく、面白かったです! 【己の信念をもとに、実行していきたい!】 吉田松陰を振り返り、自分自身、今やるべきことをやり、信念をもとに、行動を実行していきたいと思いました。松島さん、とても分かりやすい資料で、理解しやすかったです。いろいろ考えられて作られた資料だと思いました。 【人生をよりよくするヒントがあった!】 吉田松陰、今日まで知りませんでした。ですが、生い立ち・生き様を聞いたことで、松陰にも興味をもつことができまた人生をよりよくするヒントがあったと思います。 【松陰の信念が分かった!】 時代を変えた人物として“松陰”のことは知っていたが、どういう信念(ミッション)をもって行動していた人だったのか、とてもよくわかりました。今後も一人の人物にフォーカスして、ご講義していただけるととても勉強になります。 【大変によかった!】 大変に良かったです!日本の歴史に学ぶところが多いと感じました。自分と吉田松陰の生き方を照らし合わせながら、傾聴させていただきました。 【うなずくことが多い、有意義な朝でした!】 朝から気合いの入ったいい話ができ、とても有意義でした!今の日本の大変な時期に対し、つくづく、幕末の類似点も多く、うなずくことの多い講義でした!ありがとうございました! 【予想以上に、とんでもない方!】 本日も、熱いお話をありがとうございました。吉田松陰という人が予想以上にとんでもない方で、考え方、行動力がほんとにすごいと思いました。なかなか自分の考え方などを変えるのは難しいかもしれませんが、自分のやりたいこと、信念に基づくような生き方が出来るといいな、と思いました。 ——————————————————————– 素敵なご感想をいただき、 誠にありがとうございました! 次回は、1月16日(水)朝7時より、 第24回歴史に学ぶ朝会 「松下村塾の教育:明治維新を成し遂げた門下生達への教育とは?」 を開催いたします! *次回は、水曜日の開催となります! 今回の講義に加え、より深い学びを得られると思いますので、ぜひご参加ください!   ♦--------------------♦ 幕末を動かし、門下生を何人も輩出した偉人、吉田松陰。 松陰先生はどんな行動を起こし、その行動に隠された松陰先生の想いとは何か? 近代史を語る上で欠かせない人物、松陰先生の生きた時代を知ることで、今の時代を生きる私達の役割が分かります。 人として、日本人としてどうあるべきか? 志高きみなさまのお越しを、お待ちしております!  
12月 11th, 2012|お客様の声|0 Comments

「会議が変われば組織が変わる。組織が変われば日本が変わる!」
第22回「歴史に学ぶ朝会」お客様の声

第22回歴史に学ぶ朝会 「会議が変われば組織が変わる。組織が変われば日本が変わる!」 を開催いたしました! 『会社の理念を、言葉だけではなく行動にまで浸透させていきたい。』 『人はなぜ動かないのか、人を動かすためにはどうしたらよいのか、を知りたい。』 そんな思いに答える、聞きごたえ十分の稲垣さまの講義でした! 一部ですが、講義内容をご紹介します。 『人が言葉を受けてから行動するまでのプロセスは、 言葉→意味理解→やるか・やらないか判断→行動→できるか・できないか→成功 人が動かないとき、どの部分で止まってしまっているかを考えて フォローしていかなくてはいけない。』 参加された方々は、あらゆる場面で腹に落ちるところが多かったようで、 目を輝かせて聴いていました! さて、今回の朝会にご参加いただいた方々のアンケートを集計いたしました。 心のこもったメッセージばかりですので、ぜひ、ご一読くださいませ! ———————————- 【人の行動に焦点を当てたお話がすごくためになりました。】 行動に焦点が当たるのは痛い事なので、なかなか本当のことが出にくいと思います。 そういうときこそ人を受け入れるマインドを併用できる自分でありたいなと感じました。 これから行動科学の勉強をしていきたいと思います。 本日は本当にありがとうございました。 【言葉ではなく行動を見る事の大切さを改めて実感しました。】 社員は私の言葉ではなく行動を見ているのだと思います。 言葉が軽い時代に、自分の言葉を大切に行動で裏付けて、 社員からもお客様からも信頼される経営をしていきたいと思います。   【想定していた内容を飛び越えていました!】 「会議」についての勉強会として、想定させていただいた内容を飛び越えていました。 人造り、人とのcomunicationが基本で重要だという事を、 […]
11月 13th, 2012|お客様の声|0 Comments

「古文書に見る江戸時代の農村と、現代農業再生への道標」
第21回「歴史に学ぶ朝会」お客様の声

本日10月16日に第21回歴史に学ぶ朝会 「古文書に見る江戸時代の農村と、現代農業再生への道標」 を開催いたしました!   江戸時代の農村は、武士よりも農家のほうが豊かであり、 意欲と才覚を存分に発揮できる機会があったと知り、 農業のイメージがガラッと変わりました。   保守的であり今後もそうしていくのが正しいと思っていましたが、 まだまだ飛躍のチャンスがあり、 日本を元気にしていけるものだと知り、熱くなりました。   さて、今回の朝会にご参加いただいた方々の アンケートを集計いたしました。 心のこもったメッセージばかりですので、 ぜひ、ご一読くださいませ!   ———————————-   ●古書から江戸時代位の農村の現状を見直せたという歴史をひもとく (正しく)勉強をされた日野様の説明に、学ぶものが多かったです。 いつの時も、何が必要かやるべきかという考えを持った生き方が大事で、 それが人のためになるような指導できるものであれば、 みんなやりがいにもつながる。「考え、実行」を常に考えたいと思いました。 ありがとうございました。   ●江戸時代の農村の実態を聞いて、 すごく自由な部分が多かったことを知りました。 興隆没落の背景にあった、農地売買の自由、農作物転換の自由、 農産物売買の自由、農業技術の向上において今の法律だと 規制が激しいと知りました。 今まであまり興味がなかった農業分野において、 自分自身が何か関わるチャンスが眠っていると感じたので、 もっと深く農業に関して知ろうと思います。   ●日本の農業の問題をこれほどまでわかりやすく学べたのは初めてです。 古文書の中に江戸時代の農民のダイナミックな活動がありありと 描かれていたのですね。 やはり歴史を学ぶと、今、未来が見えてくるという好例だと思います。 日本の食料自給率の低さを考えると、未来の子供たちのために 日本の農業は変わらなければならないと思います。   ●今回も自分の糧となるようなお話を伺うことができました。 私は歴史学を学んでいるので知っていることは結構あったのですが、 やはり新しく得た知識もありました。 TPPの議論も、儲かる農業を作ってからやるべきではないでしょうか。   ●あまり日頃から農業について考える機会がなかったので、 今回のお話をお聞きして、いま日本が抱えている問題について 知ることができたので、これからニュースを見るときも 農業の話題に注目していきたい。   ●農業の将来について考える良い機会になったと思います。 日野さんの話の中で、現代農業のヒントになるものが たくさんあったかと思われます。   ●日野様、ありがとうございました。 伊奈の農協には行ったことがありますし、 伊那食品工業には3回ほど見学に行きました。 農業の歴史の実態がよく分かり、将来を考えていく良い機会になりました。   ●まさに温故知新。 自分のルーツでもある日本史は大好きなので、夢中で聞いていました。 現状の問題を過去のよさを生かして変えていく。 農業の問題を解決すること、自分がやらなければいけないと思いました。   ●本日は貴重なお話をありがとうございました。 江戸時代の百姓が予想以上に豊かであり、 今まで勉強したことが結構間違っているということにびっくりしました。 現代の農業も江戸時代のやり方を見習って、 全体的に見直して良ければ、もっとより良いものとなっていくと思いました。   ●大きな気づきをいただきました。 将来の日本に役立つシステム作りが必要ですね。 ありがとうございました。   ●自分の知っていた歴史が間違いだったことが分かり、 このことがほかの方々にも知られれば、 日本がもっとよくなっていくのではと思いました。 これからに希望が持て、いい朝になりました。   ●目からウロコでした。真実の江戸時代の農村の実態が 初めて理解できました。 現代の課題もそこから浮き彫りになり、前向きに変えないと いけないと思いました。ありがとうございました。   ●江戸時代の農業の実態が分かり、興味深かったです。 日本の農業再生、食料自給率アップを目指したいと思います。   ———————————-   素敵なご感想をいただき、  心あたたまる思いがいたしました。   お読みくださり、誠にありがとうございます!
10月 16th, 2012|お客様の声|0 Comments

第20回お客様の声 ガン細胞が消滅したABCの実践報告

第20回歴史に学ぶ朝会 『 戦前~戦後77年を生きぬいた男の生き様 「ガン細胞が消滅したABCの実践報告 ~ガン・その常識のウソ」』   「ガンは生き方を変えるきっかけ」と力強くおっしゃっていた中島さまの姿がとても印象的でした。 何をするにも、健康が土台。 ガンは不必要に恐れなくても良いと経験を通して語られ、様々なことを学ばせて頂いた今回の朝会でした。   さて、今回のお客様の声を掲載いたします。 心のこもったメッセージばかりですので、ぜひ、ご一読くださいませ! ———————————- ■とても興味深い内容で楽しい朝会でした。  この朝会で1番嬉しかったのは多くの気付きに出会えたことです。   1つ目は早起きっていいなということです。  実は人生で初めての朝のセミナーだったのですが、朝に早起きして何か考えたり  インプットすることはすごくいいなと思いました!  朝は人が少なくて快適ですし、朝焼けがすごく素敵でした。  もう1つは  ガンを治せる人と経営で成功する人に共通する部分があるのかなということです。  それは、プラスのこころの持ちよう、という部分です。  実はたまたま昨日ビジネスバンク代表浜口の「仕事は味方」という、   起業家を何千人とみて  きた中で知ることが出来た成功者の考え方が詰まっている本を読んでいて、  「雪が振っても自分の責任」という言葉が書かれていました。  ガンになりやすい人の特徴はすぐ人のせいにしてしまう人、  であるならばガンになりにくい人の特徴は  自分の責任だと感じることが出来る人であり、  成功する経営者の特徴も、自分の責任だと感じることが出来る。  これって共通しているなと感じました!!  きっと、これだけではなく、他にも多くのことが  共通しているのではないかなと感じました。  これに気づくことが出来た今日の朝会は劇的でした。  今の会社に勤めて、同じ仕事観を共有して実践すれば   自然とガンにもならないんじゃないかなとも思いました。  そんな環境に身を置くことができて私はすごく恵まれているなと感じましたし、  これから始まるインターン生活の中で  しっかり実践していきたいなと思いました。   以上が今日の最高の気付きという人生を彩ってくれたスパイスです。  今回は参加させていただき、誠にありがとうございました。   ■驚きの連続でした。 当たり前のことをバカにしないでちゃんとやる。 シンプルイズベストとはこのことかと思いました。 こころの大切さも痛感し、 日々笑顔でいることを大切にしたいです。 予防こそ、真に大切にすべきだと思いますので、 今日からABCを実践(可能な限り…)していきたいです。 中島様どうぞお体ご自愛くださいませ。ありがとうございました。   ■今日も貴重なお話、ありがとうございました。 今回はガンでしたが、「当たり前のことをバカにしないで ちゃんとやる(ABC)」というフレーズが出てきました。 これはガンだけでないと考えます。 そのため本日のお話をいろいろ使っていきたいです。   ■本日も興味深いお話を聞かせて頂きありがとうございました。 ガンは治らないという印象は強かったですが、 「病は気から」という言葉もある通り、 気持ちを強く持っていると良くなってしまうということに 驚きました。ABCについてもとても面白いものでしたので、 自分にできるABCをやっていきたいと思いました。   ■大変参考になりました。大事なのは「メンタル」ですね。 自然体で考え、いくつか基本が分かりました。   ■中島様のご講演は、ご自身の体験からお話しされているので、 とても共感しました。 健康の大切さ、改めて感じさせていただきました。   ■ガンの常識・ウソが良くわかって、 実体験からのお話しに説得力があった。 ガンの治療状況を通して医学界の問題点が表れてきた。   ■今回の朝会では、医療の分野は自分の無知の分野だったので、 貴重なお話を伺えて良かったです。ありがとうございました。   ■中島さん、お話しありがとうございました。 中島さんの経験を活かして少しでも実行できるような行動がしたいです。 ———————————- 素敵なご感想をいただき、心あたたまる思いがいたしました。 ご参加いただいた方、誠にありがとうございました!
9月 11th, 2012|お客様の声|0 Comments

第19回 人類誕生の秘密に迫る!お客様の声

第19回歴史に学ぶ朝会 『人類誕生の秘密に迫る ~ダーヴィンとウォーレス~』 を開催いたしました!   『我々はどこから来たのか、 我々は何者か、 我々はどこへ行くのか』 ポール・ゴーキャン(1897年) この人生の根本を突きつけられるような言葉から始まり、人類の誕生に迫りました。 当たり前となっている進化論。 その常識をいったん破壊するところに、 もしかしたら、真実が隠されているかもしれません… そんな、本朝会にご出席いただいた みなさまより頂戴したご感想は どれも素敵なものばかりでした! よろしければ、ぜひ、ご一読ください! ――――――――――――――――――――――――――――――― ダーヴィンとウォーレスの功績は大きかったと思います。ダーヴィンとウォーレスがいなければ、あの時代の常識を壊すことが出来なかったと思います。さて、両氏が進化論を世に出してから約150年。そろそろもう一度常識を壊す時期ではないかと思います。   とても興味深い内容でした。ダーヴィンはもちろんのこと、釈迦、ソクラテス、孔子…の言葉や考えにも触れられて、とても刺激になりました。大切なもの、ことは目に見えない。ということを、いつも感じているのですが、確信を深めることになりました。また次回もよろしくお願いします。   今回はありがとうございました。常識を覆すということは、とても大変なことだと思っていました。しかし、仮設から成り立っているということから考えると、仮説を覆すことは難しくないと思うので、以外と常識はひょんなことからひっくりかえってしまうのかな、と感じました。今日も興味深いお話がたくさん聞けて良かったです。またよろしくお願いします。   半年ぶりの参加でしたが、若い方が多数参加されていて、驚きました。 学生さんは一人一人しっかりとした考えを持たれていて、感動しました。 このような若い方が活躍できる日本にしていきたいと心を新たにしました。榎本様のお話しもスピリチュアルな視点もあり、大変面白かったです。ありがとうございました。   初めて参加させていただきました。とても雰囲気の良い会で楽しかったです。入江さんの志とお人柄がしのばれました。次回以降も参加いたします。どうぞよろしくお願いします。   早朝の勉強会はとてもフレッシュで気持ちが良いですね。特に若い方との交流が楽しく、また嬉しく思いました。進化論については、特にこだわりは持っていません。   榎本さんご快労様でした。新しい学びと新しい出会いは多くの発見があります。   本日は素晴らしい朝会に出会うことが出来ました。 歴史が中心である朝会は珍しく、以後も参加したいです。   月に一度、毎回とても勉強させてもらっています。「歴史」をキーワードに幅広い知識や経験のある経営者や社会人の方のお話しは本当に刺激になります。毎週やってほしいくらいです(笑)ダーヴィンや、ウォーレス「ビーグル号航海記」など、さっそく学んでみたいと思います。   本日は貴重なお話し、ありがとうございます。朝会に参加する前は座学のイメージでしたが、普段あまり交流する機会のない人と考えをシェアすることができ、自分の視野が広がりました。また、お会いする機会があればよろしくお願いします。   多角的に物事を見る大切さを学びました。食わず嫌いは良くない。ありがとうございました。   本日はありがとうございます。まず「場」が素晴らしい!学生とか若い方が多く、雰囲気が良いですね。久しぶりに爽やかな朝会に参加しました。ありがとうございます。 -----------------------------
8月 7th, 2012|お客様の声|0 Comments

第18回歴史に学ぶ朝会 お客様の声

7月10日に、第18回歴史に学ぶ朝会 『これで歴史に学ぶスピードUP!楽読でラクラク歴史本を読む秘訣!』 を開催いたしました。 ご出席いただいたみなさまより頂戴したご感想は、 どれも素敵なものばかりでした。 ぜひ、ご一読くださいませ。 ———————————- ■今日はありがとうございました。「朝」ということで、初めはどうなるか心配な部分はありましたが、すっきりした朝を迎えることができたと思います。いろいろできる事が出来ましたので、また参加させていただきたいと思います。   ■“楽読”という言葉は聞いたことがありましたが、初めて体験し、脳が本当に活性化しているのを感じました。今はまっている歴史書や英文をにも応用していきたいと思います。毎月素晴らしいお話しをありがとうございます。   ■本日はありがとうございました。早く読む訓練をすることで、脳が目のスピードに追い付くように理解を早めようと活性化するのを感じました。朝から目が覚めて、元気に一日過ごせると思いました。ありがとうございました。   ■頭を働かせながら本を読むというのは新鮮で、楽読体験は、とてもためになりました。文字を見て、理解をすることのスピードをあげることで、自分が真に手に取るべき本と出逢うことができ、それを通して憧れの対象と出逢うことができる。とても素晴らしいことだと感じました。「本を読む」能力を見直し、自分のこれからに活かせるよう楽読のトレーニングを続けていきたいと思います。歴史本を読むことが難しく思われ、やや抵抗がありましたが、これからは楽読で、読める本の幅を増やせればと思います。本日は、ありがとうございました。   ■楽読とは、「見る」と「わかる」を分けること。確かに、文を見るだけであれば、相当早く「見れる」こと、実感できました。(小生の場合、スピードが、倍以上になりました!)今日の朝会は、学びとともに、実益まであり、朝からとっても有益でした。今日も一日、ステキな一日になりそうです。ありがとうございました! ———————————-
7月 30th, 2012|お客様の声|1 Comment