歴史に学ぶ朝会

11月11日開催!「日本を元気にする古事記のこころ③」

■ 第47回 歴史に学ぶ朝会   「魂がふるえました。涙が止まりませんでした」(梅 香緒里さま) なぜ、日本は世界で一番古い国として有り続けられているのでしょうか。なぜ、江戸は世界一の都市となり得たのでしょうか。古事記とは、なんでしょうか。皇室とは、どのような存在なのでしょうか。数十年前、日本人はみんな知っていました。だれもが、分かっていました。しかし、そのつながりが切れてしまったために、何もかも、分からなくなってしまいました。だからこそ、今、とりもどしましょう。 大切な人とのつながり。ご先祖さまとのつながり。大自然とのつながり。日本の国土とのつながり。皇室とのつながり。古事記の世界を追求しつづけた、小野先生の言葉は、魂に響きます。ぜひ、ともに、思い出す世界を味わいませんか?   『私たちの本性は神性なものです。   神代は、すでに私たちの心の中に与えられているのです』                      (小野 善一郎様)     ▼日 時:26年11月11日(火)7:00~8:30       *朝会後、有志で朝食会をいたします!        8:30~10:00ほど 途中退席可となっております。        ぜひ、ご参加くださいませ! ▼講 師:小野 善一郎様(湯島天満宮権禰宜 博士) ▼教科書:「日本を元気にする 古事記のこころ」        ⇒アマゾン購入リンク先        *当日販売もしております。 ▼会 場:物語コーポレーション東京フォーラムオフィス      (東京都港区南青山2-4-3 青山一丁目駅5番出口より徒歩3分) ▼参加費:1000円 ▼お申込:下記フォームをご記入し、お申し込みください。
10月 5th, 2014|ニュース, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

8月5日開催!『使命に生きる ~知的障害者福祉の創始者 石井亮一・筆子夫妻に学ぶ~』

いばら路を知りてささげし身にしあれば いかで撓(たわ)まん 撓むべきかは   ■ 第44回歴史に学ぶ朝会 使命に生きる ~日本初 知的障害者福祉の創始者   石井亮一・筆子夫妻に学ぶ~   日本の知的障碍者福祉の創始者の石井亮一、石井筆子。 筆子は夫と二人の子供に先立たれ、残された長女は知的障碍を持っていた。 相次ぐ苦難に襲われるなか、知的障碍者教育の先駆者石井亮一と出会う。 富国強兵の風潮、障碍者への偏見の眼差しのなか、 前人未踏の知的障碍児教育に乗り出し、 知的障碍者の保護・教育・自立に献身していった。   しかし、多額の負債、伝染病、学園の火災、園児6名の死、 日中戦争の勃発、学園長 亮一の死。だれもが学園継続は困難だと思われたなか、 筆子は76歳の老いた身体を奮い立たせ、学園長に就任。 時代に屈することなく、自分の理想を貫いた82歳の生涯。 その使命に生きた、生き様を学ぶ。   ▼日 時:26年8月5日(火)7:00~8:30 ▼講 師:入江 元太(株式会社入江感動経営研究所 代表取締役) ▼会 場:物語コーポレーション東京フォーラムオフィス    (東京都港区南青山2-4-3 青山一丁目駅5番出口より徒歩3分) ▼参加費:1000円 ▼お申込:下記フォームをご記入し、お申し込みください。   ▼運 営:関東APRA・㈱入江感動経営研究所(TEL:048-423-9597 MAIL:kando@irie-kando.com)  
7月 14th, 2014|ニュース, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

7月15日開催!真ごころ美筆教室 ~般若心経・写経編!~

第42回 歴史に学ぶ朝会綾部彩芳師範の真ごころ美筆教室 ~般若心経・写経編! 今回のテーマは、『般若心経・写経編』です!毎回、筆の新しい世界が広がる、綾部師範の美筆教室。今回も、講師の綾部師範からメッセージをいただきました!以下、ぜひお読みください!『皆さんは、写経をしたことはありますか⁈写経こそ、真ごころ教室が大切にしていること自分自身と向き合うことです。私の原点は、ここにあります。今回は、前回の様に、技術を学んだりということではありません。私が何かを言うことでもなく、皆さんがどうするか、どんな気持ちになりたいか、自分自身とじっくり向き合う時間です。是非、素直な心で心に問いかけてみて下さい(^_^)なりたい自分がきっと見つかります。☆こんな方にぴったり☆・今自分が何がしたいか決まらない方^^・心や頭をスッキリさせたい方^^・たまには落ち着いた時間を味わいたい方^^などなど。誰にでもピッタリくる何かが、写経にはあります!!是非体感してみて下さい!!!!!!』今回で、美筆教室は最終回!筆の新たな表現をぜひ、体感してください(^O^)お越しの際は、ぜひ「筆ペン」をお持ちくださいね!ご参加をおまちしています!■日程  7月15日(火) 朝7:00~8:30 *終了後、近くのカフェで朝食会も行います。ご検討くださいね!■講師  綾部 彩芳師範■場所  物語コーポレーション  東京フォーラムオフィス     (東京都港区南青山2-4-3)■会場URL  http://www.monogatari.co.jp/company/office_tokyo.html■参加費  1000円(一般)/500円(学生)■申し込み  参加ボタンにポチっとお願いします!      後ほど、事務局より、ご連絡いたします。
6月 10th, 2014|ニュース, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

6月10日開催 歴史に学ぶ朝会 真ごころ美筆教室

第41回 歴史に学ぶ朝会 真ごころ美筆教室 ② 技法編 大好評!綾部彩芳@ゆっぴぃ師範の真ごころ美筆教室! 第2回のテーマは、『技法』です。以下、ゆっぴぃ師範からメッセージです!『私は、その日のその方の気持ちが、 文字に表れると思っています。  ですので、その方が何をどんな風に イメージするかによって、 字は手相のように日々変化するのではないかと思っています。  ですが、それだけでは難しいということで・・・ これさえ意識すれば自分らしい字が書ける‼︎  という、長年古典書道を書き続けてきた 私が思うポイントを実践して、 また、皆さんで同じ字を書き、 共有することで だんだんと自分らしい字を書く事ができるのです!^ ^ どんな人にも個性があるように、  あなたの字にも、個性があります。 是非上手ではなく、 オリジナルの字を見つけに、 そして新たな自分を見つけにいらしてください‼︎‼︎』 お越しの際は、ぜひ「筆ペン」をお持ちくださいね!ご参加をおまちしています!   ■日程  第1回目  5月13日(火) 朝7:00~8:30        第2回目  6月10日(火) 朝7:00~8:30        第3回目  7月15日(火) 朝7:00~8:30  *終了後、近くのカフェで朝食会も行います。ご検討くださいね!   ■講師   綾部 彩芳師範   ■場所   物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス(東京都港区南青山2-4-3)   ■参加費 1000円(一般)/500円(学生)   ■申し込み 下記入力し、送信してください!  
5月 10th, 2014|ニュース, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

4月8日開催!歴史に学ぶ朝会 世界無形文化遺産に登録された、和食の魅力

第40回歴史に学ぶ朝会 世界無形文化遺産に登録された、和食の魅力 『和食に助けられた人』     みなさまもご存知の通り、「和食 日本人の伝統的な食文化」は ユネスコ無形文化遺産に登録されました。 また、映画界では『武士の献立』にて、和食の美しさや奥深さが描かれ 話題を呼んでいます。 日本で紡がれてきた和食文化を読み解くと、 自然の美しさや季節の移ろいの表現、 「頂きます」「ご馳走さま」の食事観、 年中行事との密接な関わり、 日本人が持つ、五味ではなく“六味”など、 様々な物語が見えてきます。     日本人の、何事にも感謝を忘れない心。 すべてのものに神が宿るとして、人にも物にも敬意をもつ精神。 そんな世界に誇れる心と精神をつくりあげたのは、 日本における食の歴史と、食に対する日本人の心のあり方なのかもしれません。   第38回~40回の歴史に学ぶ朝会では、 その奥深い『和食』について学んでいきます!! 第40回講義では、「和食に助けられた人」と題しまして、 日本の誇れる和食をきっかけに、体や心の病を治していった方のお話、 そして、その方法をお伝えいたします。   日本をよりよく知り、生まれてきた国に誇りを持つための朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!   ▼日時 平成26年4月8日(火)7:00~8:30 (受付6:45~)   ▼場所  株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス  (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)  東京都港区南青山2-4-3 1階   ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)    当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師 株式会社あなたと健康社 代表取締役社長 五来 純さま 講師メッセージ 『昔から日本人は命を大事にしてきました。 最近は便利で簡単、きれいなものを求めることが普通になってきましたが、見えない心、 見えない命を大切にしてきたのが本来の私たちの文化なのです。 その意味が非常にわかりづらくなってしまった時代だからこそ、 食べ物を食べるとき、私たちは見えない命をいただいているのだということを見失ってはいけません。 食べ物の命が、そのまま自分の命になってくれていることを理解していることがとても大切で、決して忘れてはいけないことなのです。 そのことを忘れてしまうと、いくら食事をしても自分の命にはならない。』 ☆お申込みはこちらから!  
3月 11th, 2014|ニュース, 公開講座, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

3月11日開催!世界無形文化遺産に登録された、和食の魅力

第39回歴史に学ぶ朝会 世界無形文化遺産に登録された、和食の魅力 『和食の基本』     みなさまもご存知の通り、「和食 日本人の伝統的な食文化」は ユネスコ無形文化遺産に登録されました。 また、映画界では『武士の献立』にて、和食の美しさや奥深さが描かれ 話題を呼んでいます。 日本で紡がれてきた和食文化を読み解くと、 自然の美しさや季節の移ろいの表現、 「頂きます」「ご馳走さま」の食事観、 年中行事との密接な関わり、 日本人が持つ、五味ではなく“六味”など、 様々な物語が見えてきます。     日本人の、何事にも感謝を忘れない心。 すべてのものに神が宿るとして、人にも物にも敬意をもつ精神。 そんな世界に誇れる心と精神をつくりあげたのは、 日本における食の歴史と、食に対する日本人の心のあり方なのかもしれません。   第38回~40回の歴史に学ぶ朝会では、 その奥深い『和食』について学んでいきます!! 第39回講義では、「和食の基本」と題しまして、 日本人を支えてきた和食の伝統・文化についてのお話となります。   日本をよりよく知り、生まれてきた国に誇りを持つための朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!   ▼日時 平成26年3月11日(金)7:00~8:30 (受付6:45~)   ▼場所  株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス  (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)  東京都港区南青山2-4-3 1階   ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)    当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師 株式会社あなたと健康社 代表取締役社長 五来 純さま 講師メッセージ 『昔から日本人は命を大事にしてきました。 最近は便利で簡単、きれいなものを求めることが普通になってきましたが、見えない心、 見えない命を大切にしてきたのが本来の私たちの文化なのです。 その意味が非常にわかりづらくなってしまった時代だからこそ、 食べ物を食べるとき、私たちは見えない命をいただいているのだということを見失ってはいけません。 食べ物の命が、そのまま自分の命になってくれていることを理解していることがとても大切で、決して忘れてはいけないことなのです。 そのことを忘れてしまうと、いくら食事をしても自分の命にはならない。』 ☆お申込みはこちらから!
2月 17th, 2014|ニュース, 公開講座, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

1月21日開催!  後藤新平先生から託されたこと

  1月21日(火)開催 第37回歴史に学ぶ朝会 我が師匠、後藤新平先生から託されたこと あなたはあの世で、誰に今世の業績報告をする予定で生きていますか?   『歴史的に、伝統的に持っていた日本人の徳目、 日本人の素晴らしさを再評価して、 それをなんとか次の世代に伝えてゆくという仕事に、日本人ひとり一人が参加してほしいのです。 日本は、責任をもってこのアジアのリーダーであるというその使命を果たしてほしい。 日本以外にはないのです。』   これは、台湾出身の日本国籍の評論家、金美齢氏の言葉です。    台湾では、現代日本で断絶されかかっている 『日本精神』の伝統が、今もなお、息づいています。   その、日本精神を根付かせ、台湾近代化に大きく貢献したのが後藤新平先生です。 後藤新平先生は、 ・現存する南北縦貫鉄道、港湾、道路、ダムの建設。 ・台湾銀行を設立して通貨金融制度を確立。 ・学校を作り教育制度の整備。 ・新渡戸稲造主導の製糖業などの産業育成。 などを通し、台湾を真の独立へと導きました。 「日本は台湾に対して偉大なことをした」 これは、李登輝元総統の日本統治に対する評価です。   なぜ、日本は台湾からこれほどに評価を受けているのか。 台湾が受け継いでいる、『日本精神』とは何なのか。   あの日本一テーマパークのコンサルタントを経験した、 臥龍こと角田識之氏が、後藤新平先生が遺してくれた教えを、熱く語ります!   お志事の前に、魂にスイッチを入れる朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!   ▼日時 平成26年1月21日(火)7:00~8:30 (受付6:45~)     ▼場所   株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス   (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)   東京都港区南青山2-4-3 1階   http://www.monogatari.co.jp/company/office_tokyo.html     ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)  当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師 臥龍こと角田識之さま  日本一テーマパークのコンサルタント経験者としても有名な経営コンサルタント。 志と理念の確立アドバイザーとしての株式会社角田識之事務所(通称:オフィス臥龍) と、 小売業における感動経営をワンストップで支援するための株式会社感動マーケティング、 両社代表を勤め、「第二創業の伝説企業」育成に邁進されています。 人の幸福を第一義とする、 日本一、アジア一誇れる経済団体その夢実現のため、 「和人・和僑(わきょう)」と「華人・華僑」による「APRA大家族」の絆を深めると共に、 “経営とは人を雇用し、幸せな集団を構築することへの挑戦を止めないこと”という 「人本主義」のロマンに共鳴いただける5000人以上の同志経営者の結集を呼び掛け、 日本全国そしてアジア太平洋各国を東奔西走。 著書には、「生涯顧客が生まれる101のマジック」や、 「儲かる会社経営 2:8(ニハチ)の新ルール」など多数発刊されています。   ☆お申込みはこちらから!  
12月 10th, 2013|ニュース, 公開講座, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

第36回歴史に学ぶ朝会 二宮尊徳と私達の未来~二宮哲学が今に語り掛けるもの~

第36回歴史に学ぶ朝会 二宮尊徳  今を生き抜く智恵 Vol.3  二宮尊徳と私達の未来 ~二宮哲学が今に語り掛けるもの~   『小さいことを 積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道』 野球の世界で大成功を収めているイチローの言葉です。 『大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、 成り易きを務めざる者は、小人の常なり。』 薪を背負いながら読書をしている“二宮金次郎”の像で有名な二宮尊徳も、 200年以上前に同じことを言っていました。   二宮尊徳、といえば、多くは二宮金次郎像のイメージが浮かぶでしょう。 そんな尊徳のことを、みなさまはどのくらい知っていますでしょうか? 二宮尊徳は、波乱の人生を通して得た、多くの教えを残しています。 師の生きた時代と、時流が似ている今、 その教えは私たちの日々の行いを決める軸を作ってくれるものになるはずです。 どの時代にも共通した、大義を成すための原理原則。 それは、先人が実証し、私たちに残してくれた宝物。 尊徳の生き方には、今あなたに必要な教えがきっとあります。   二宮尊徳3回シリーズの最終回は、 二宮尊徳の道歌を味わいながら、 今の日本人に残してくれた尊徳の哲学を学びます。 師が行った、人心の建て直しとは。 そして、『代表的日本人』と言われている理由とは。 尊徳の残した、『 報徳思想』そして、『天道と人道』という教えを、 歴史の事実を通し、体感と共に学んでいきましょう!   お志事の前に、魂にスイッチを入れる朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!       ▼日時 平成25年12月10日(火)7:00~8:30 (受付6:45~)   ▼場所  株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス  (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)  東京都港区南青山2-4-3 1階   ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)    当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師  河野 悠介さま  (JITSUBO株式会社 代表取締役CEO) 河野悠介(こうのゆうすけ) JITSUBO株式会社 代表取締役CEO 座右の銘:至誠と実行   【自己紹介】 ・1978年東京生まれ ・理系大学院修了後、大手化学メーカーを経て、大学で開発された研究成果事業化の為にベンチャー企業創業メンバーとして参画 ・海外の方との接触の中で、自分が日本人であること、日本の歴史について知っているつもりで実は何も分かっていなかった事に気がつく ・内村鑑三「代表的日本人」を切り口に日本の偉人について学ぶ中で、特に二宮尊徳のスケールの大きさに感動し、現代に生きる私達が大切にすべき拠り所を見出せる事を確信する ・株式会社寺子屋モデルが主催する「寺子屋の先生」養成講座第7期を現在受講中 ☆お申込みはこちらから!  
11月 12th, 2013|ニュース, 公開講座, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

11月12日開催!第35回歴史に学ぶ朝会『二宮尊徳:自利から利他への発展』

第35回歴史に学ぶ朝会 二宮尊徳 連続3回講義 ~今を生き抜く智恵~ Vol.2 分度と仕法:いかにして難事業に取り組むか ~自利から利他への発展、桜町復興を例に~     『小さいことを 積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道』 野球の世界で大成功を収めているイチローの言葉です。 『大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、 成り易きを務めざる者は、小人の常なり。』 薪を背負いながら読書をしている“二宮金次郎”の像で有名な二宮尊徳も、 200年以上前に同じことを言っていました。   二宮尊徳、といえば、多くは二宮金次郎像のイメージが浮かぶでしょう。 そんな尊徳のことを、みなさまはどのくらい知っていますでしょうか? 尊徳は、波乱の人生を通して得た、多くの教えを残しています。 尊徳の生きた時代と、時流が似ている今、 その教えは私たちの日々の行いを決める軸を作ってくれるものになるはずです。 どの時代にも共通した、大義を成すための原理原則。 それは、先人が実証し、私たちに残してくれた宝物。 尊徳の生き方には、今あなたに必要な教えがきっとあります。   二宮尊徳3回シリーズの第2回は、 桜町復興と言われる、農村復興事業をケーススタディに 現代に生きる我々が学べることを明らかにしていきます。 尊徳の残した、『 報徳思想』そして、『天道と人道』という教えを、 歴史の事実を通し、体感と共に学んでいきましょう!   お志事の前に、魂にスイッチを入れる朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!       ▼日時 平成25年11月12日(火)7:00~8:30 (受付6:45~)   ▼場所  株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス  (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)  東京都港区南青山2-4-3 1階   ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)    当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師  河野 悠介さま  (JITSUBO株式会社 代表取締役CEO) 河野悠介(こうのゆうすけ) JITSUBO株式会社 代表取締役CEO 座右の銘:至誠と実行   【自己紹介】 ・1978年東京生まれ ・理系大学院修了後、大手化学メーカーを経て、大学で開発された研究成果事業化の為にベンチャー企業創業メンバーとして参画 ・海外の方との接触の中で、自分が日本人であること、日本の歴史について知っているつもりで実は何も分かっていなかった事に気がつく ・内村鑑三「代表的日本人」を切り口に日本の偉人について学ぶ中で、特に二宮尊徳のスケールの大きさに感動し、現代に生きる私達が大切にすべき拠り所を見出せる事を確信する ・株式会社寺子屋モデルが主催する「寺子屋の先生」養成講座第7期を現在受講中 ☆お申込みはこちらから!
10月 8th, 2013|ニュース, 歴史に学ぶ朝会|0 Comments

10月8日開催 『二宮尊徳の歩んだ道』 二宮尊徳3回連続講義 Vol.1

第33回歴史に学ぶ朝会 二宮尊徳 連続3回講義 ~今を生き抜く智恵~ Vol.1 『二宮尊徳の歩んだ道』     『小さいことを 積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道』 野球の世界で大成功を収めているイチローの言葉です。 『大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、 成り易きを務めざる者は、小人の常なり。』 薪を背負いながら読書をしている“二宮金次郎”の像で有名な二宮尊徳も、 200年以上前に同じことを言っていました。   二宮尊徳、といえば、多くは二宮金次郎像のイメージが浮かぶでしょう。 そんな尊徳のことを、みなさまはどのくらい知っていますでしょうか? 尊徳は、波乱の人生を通して得た、多くの教えを残しています。 尊徳の生きた時代と、時流が似ている今、その教えは私たちの日々の行いを決める軸を作ってくれるものになるはずです。 どの時代にも共通した、大義を成すための原理原則。 それは、先人が実証し、私たちに残してくれた宝物。 尊徳の生き方には、今あなたに必要な教えがきっとあります。   二宮尊徳3回シリーズの第一回は、 二宮尊徳という人間の生涯、そしてその時代背景をお話しします。 尊徳の生きた時代感に似た、“現代”を生きる私たちにとって、 その生き様は、今、私たちにできることを知るヒントになります。   お志事の前に、魂にスイッチを入れる朝会。 ぜひ、おこしくださいませ!       ▼日時 平成25年10月8日(火)7:00~8:30 (受付6:45~)   ▼場所  株式会社 物語コーポレーション 東京フォーラムオフィス  (青山一丁目駅5番出口より徒歩3分)  東京都港区南青山2-4-3 1階   ▼参加費  1,000円 (一般価格)    500円 (学生特別価格)    当日、受付にて、お支払ください!   ▼講師  河野 悠介さま  (JITSUBO株式会社 代表取締役CEO) 河野悠介(こうのゆうすけ) JITSUBO株式会社 代表取締役CEO 座右の銘:至誠と実行   【自己紹介】 ・1978年東京生まれ ・理系大学院修了後、大手化学メーカーを経て、大学で開発された研究成果事業化の為にベンチャー企業創業メンバーとして参画 ・海外の方との接触の中で、自分が日本人であること、日本の歴史について知っているつもりで実は何も分かっていなかった事に気がつく ・内村鑑三「代表的日本人」を切り口に日本の偉人について学ぶ中で、特に二宮尊徳のスケールの大きさに感動し、現代に生きる私達が大切にすべき拠り所を見出せる事を確信する ・株式会社寺子屋モデルが主催する「寺子屋の先生」養成講座第7期を現在受講中 ☆お申込みはこちらから!