★コンセプト★  温故知新 ~混迷の現代日本で自分が果たす役割を、歴史に学ぶ~   歴史に学ぶ朝会(第21回) 「古文書に見る江戸時代の農村と現代農業再生への道標」   江戸時代の農村と聞いてどのようなイメージがありますか?   例えば、江戸四大飢饉。 ・寛永の大飢饉 ・享保の大飢饉 ・天明の大飢饉 ・天保の大飢饉 そのほかにも○○飢饉というものは多く 姥捨て山ということで年老いた親を山に捨てに行ったり、 娼館などへ小さい子どもを売り、 稗(ひえ)や粟(あわ)などの雑穀で食いしのぐ、 悲しく貧しい、江戸の農村だった。 そのようなイメージはありませんか?   しかし、古文書をひも解いていく中で、 それらは間違いだった!?   古文書を研究していくなかで、明らかになっていく真実。   TPP論争もあるなかで、現代日本の食糧自給率は39%! (カロリーベース 農林水産省H24年8月)   江戸時代の農村から、現代に生きる為の智慧を受け継ぎます!   今回の講師は、 前回の歴史に学ぶ朝会講師の中島さまのご友人であり、 日野システック株式会社 代表取締役 会長である 日野 正紀さまにご講演いただきます!   みなさま、お誘いあわせの上、ぜひお越しくださいませ!   ■ 日時 平成24年10月16日(火) 7:00~8:30 (受付6:50~、途中退出されても大丈夫です)   ■ 場所 株式会社シップ 会議室 東京都文京区本郷1-33-4 ヘミニスⅠビル 8F  後楽園駅、春日駅、水道橋駅よりそれぞれ徒歩約5分   ■ 講話内容 「古文書に見る江戸次代の農村と現代農業再生への道標」   ■ 講師  日野 正紀さま(日野システック株式会社 代表取締役 会長)   ■ 参加費用 1,000円(一般)          500円(学生)   *参加費のお値段を下げました!    お飲み物はこちらでご用意いたします!   *お弁当はご用意できませんが、    飲食物は持ち込み可能でございます。    講義後、どうぞ朝食を召し上がりながら、ご歓談ください。   ■ お持物 ・筆記用具      ・名刺(初回参加の方は25枚ほど)      ・みなさんにご紹介したい資料(あれば25枚ほど)   ■受講者さまの声 第20回歴史に学ぶ朝会 『 戦前~戦後77年を生きぬいた男の生き様 「ガン細胞が消滅したABCの実践報告  ~ガン・その常識のウソ~』 ●ガンになりやすい人の特徴はすぐ人のせいにしてしまう人、 であるならばガンになりにくい人の特徴は 自分の責任だと感じることが出来る人であり、 成功する経営者の特徴も、自分の責任だと感じることが出来る。 これって共通しているなと感じました!! きっと、これだけではなく、他にも多くのことが 共通しているのではないかなと感じました。 これに気づくことが出来た今日の朝会は劇的でした。 今の会社に勤めて、同じ仕事観を共有して実践すれば   自然とガンにもならないんじゃないかなとも思いました。  S.Tさん(一部抜粋) 続きはこちらから   ■ご案内書(PDF) 「歴史に学ぶ朝会#21」ご案内   ★参加申し込み・お問い合わせ